光を知らない盲目犬、セラピードッグになり障害を持った子に『笑顔』を与える

5.0


 

ゴールデンレトリバーの「スマイリー」は生まれつき目がありませんでした。さらに彼が幼少期に育ったブリーディング施設の環境は劣悪なもので、感染症に苦しみ目を縫い合わせる手術も必要でした。障害を持って生まれた犬は引き取り手が見つかりにくく、「スマイリー」が幸せになることはないだろうと『安楽死』を勧める声もありました。
 
そんな中、現在の飼い主であるジョアンさんは里親になることを決意し、必死な看病を施しました。その結果、症状はよくなり、10歳になった「スマイリー」は公認セラピードッグとなりました。
 

 
生まれつき障害を持っている「スマイリー」は、現在セラピードッグとして、自閉症などの障害を持った子どもに寄り添い、『笑顔』と『光』を与える存在になっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=pAZETI6_OX4)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

ある日、面白い才能を開花させた猫。飼い主さんがカメラを向けると… ( *´艸`) 8枚

00:39

保護した野良に初めてご飯を与えたら、「足りにゃい」と文句いわれた・・・(笑)

00:47

【爆笑】何がしたいの(笑)? 1匹のハムがひたすら謎の行動をしはじめた…(47秒)

画像

【爆笑】なんでそんな姿に…思わず笑ってしまうニャンコの変な格好 画像9選

00:44

最強にカワイイ!手足をバタバタ動かす赤ちゃんを一生懸命なだめるネコさん♡

00:20

【惨敗…!】カメムシのあまりの臭さに衝撃を受けたネコさんが…Σ(っ゚Д゚;)

02:02

甘えん坊すぎる!ハスキーのお母さんにがっつり甘えるサモエドの子犬♡(*´∀`*)

画像

2匹の絆に感動!瀕死の子ネコをはげまし続けたハスキー犬 写真8枚

^

^