光を知らない盲目犬、セラピードッグになり障害を持った子に『笑顔』を与える

5.0


 

ゴールデンレトリバーの「スマイリー」は生まれつき目がありませんでした。さらに彼が幼少期に育ったブリーディング施設の環境は劣悪なもので、感染症に苦しみ目を縫い合わせる手術も必要でした。障害を持って生まれた犬は引き取り手が見つかりにくく、「スマイリー」が幸せになることはないだろうと『安楽死』を勧める声もありました。
 
そんな中、現在の飼い主であるジョアンさんは里親になることを決意し、必死な看病を施しました。その結果、症状はよくなり、10歳になった「スマイリー」は公認セラピードッグとなりました。
 

 
生まれつき障害を持っている「スマイリー」は、現在セラピードッグとして、自閉症などの障害を持った子どもに寄り添い、『笑顔』と『光』を与える存在になっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=pAZETI6_OX4)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

01:58

【感動】生き別れた親子が、保護施設で奇跡の再会…。その光景に胸を打たれる

画像

保護施設で親友になった2匹の猫。新しい家で一緒になると… 幸せすぎて大変なことに ( *´艸`)♡ 7枚

01:28

おやつの入った引出しを、やっと開けた猫に待っていた衝撃の結末とは・・・?

01:05

素敵な音色にビックリ!鳥さんが奏でる「となりのトトロ」が完璧すぎる(60秒)

画像

【まるで宝石】言葉にできない美しさ!青い瞳をもつネコが世界で話題にΣ(゚Д゚)

00:27

【胸キュン注意!】保安官とフクロウの交流にほっこり和む(*´艸`*)♡

01:33

わが子と共に、孤児になった子リスにも愛をそそぐ優しい母ネコ。

画像

【ツッコミ所が満載すぎる!】可愛い猫ちゃん達が寝ている画像5選!

^

^