光を知らない盲目犬、セラピードッグになり障害を持った子に『笑顔』を与える

5.0


 

ゴールデンレトリバーの「スマイリー」は生まれつき目がありませんでした。さらに彼が幼少期に育ったブリーディング施設の環境は劣悪なもので、感染症に苦しみ目を縫い合わせる手術も必要でした。障害を持って生まれた犬は引き取り手が見つかりにくく、「スマイリー」が幸せになることはないだろうと『安楽死』を勧める声もありました。
 
そんな中、現在の飼い主であるジョアンさんは里親になることを決意し、必死な看病を施しました。その結果、症状はよくなり、10歳になった「スマイリー」は公認セラピードッグとなりました。
 

 
生まれつき障害を持っている「スマイリー」は、現在セラピードッグとして、自閉症などの障害を持った子どもに寄り添い、『笑顔』と『光』を与える存在になっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=pAZETI6_OX4)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

退役軍人が入院する病院に引き取られ、患者さんやその家族を癒し続ける猫「トム」のお話。

画像

モフモフ界の神光臨!ボールと見間違えるほどまん丸なチンチラが可愛すぎて笑う

画像

寝てる時は整列!!起きてる時は「てんやわんや」な子犬たち♡

01:14

【超絶癒し】床の上を這って進む子猫。頑張りすぎて疲れて寝ちゃう姿が天使♡

00:45

たまらなくカワイイ子ネコ♡保護した翌日おそるおそる近づいてきた(*´ェ`*)!!

00:36

さすが(笑) なかなか『おすわり』しないワンコを見かねた先輩ワンコが…(*゚0゚)

01:04

これからよろしくね♪ 赤ちゃんとワンコの初対面にほっこり癒やされる(*´ェ`*)

01:17

「お断りします(`・ω・´)!」おしゃぶりを気に入ったらしく返すのを拒むワンコ(笑)

^

^