和歌山電鐵の救世主である元野良ネコが虹の橋を渡って『神様』になった…

5.0

2015年6月22日、和歌山電鐵『貴志駅』のたま駅長が天国に旅立ちました。

 

 

普通の野良ネコが駅長になり、鉄道会社を救い、和歌山県の人気者になり、世界でも注目されるようになりました。たま駅長の訃報は日本だけでなく、海外のメディアでも報道されました。
たま駅長に捧げる弔辞】として、和歌山電鐵株式会社 小嶋光信社長が発表した弔辞と写真は涙なしでは見られません…

 

 

5月1日には16歳(人間の年齢にすると80歳)の誕生日を迎えたばかりでした。その時にも多くのファンにお祝いされていたたま駅長。28日に行われた社葬には約3000人のファンが参列し、別れを惜しみました。
そして、たま駅長には「貴志駅の名誉永久駅長を命ずる」という最後の辞令が出されました。

 

たま駅長、長い間お仕事お疲れ様でした。ゆっくり休んでください…


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

『ぼ、ぼくじゃないよ』99%何かをやらかしたであろう犬たちのかわいすぎる表情

02:35

ボロボロの子ネコを息子が拾ってきた。少しずつ元気になっていく姿に感動です!!

画像

引き取るのはヨボヨボの老犬ばかり…保護犬の世話に人生をかける男性

01:22

「助けて!すごく足が痛いの…」野良猫の世話中に、足を引きずりながら近づいてきた子猫。保護して10日が経つと… (6枚)

画像

犬好き全員集合!顔をうずめたくなること間違いなしの「コギケツ2016」

03:05

ほのぼの!優しいハスキーと赤ちゃんのじゃれ合いが微笑ましい(*´∀`*)

画像

【この情けなさがたまんない】おんぶされた犬が愛おしくて母性本能が爆発11選

00:52

【仲良し】猫のことが大好きで、ちょっかいを出しまくる 怖いもの知らずのリス

^

^