和歌山電鐵の救世主である元野良ネコが虹の橋を渡って『神様』になった…

5.0

2015年6月22日、和歌山電鐵『貴志駅』のたま駅長が天国に旅立ちました。

 

 

普通の野良ネコが駅長になり、鉄道会社を救い、和歌山県の人気者になり、世界でも注目されるようになりました。たま駅長の訃報は日本だけでなく、海外のメディアでも報道されました。

たま駅長に捧げる弔辞】として、和歌山電鐵株式会社 小嶋光信社長が発表した弔辞と写真は涙なしでは見られません…

 

 

5月1日には16歳(人間の年齢にすると80歳)の誕生日を迎えたばかりでした。その時にも多くのファンにお祝いされていたたま駅長。28日に行われた社葬には約3000人のファンが参列し、別れを惜しみました。

そして、たま駅長には「貴志駅の名誉永久駅長を命ずる」という最後の辞令が出されました。

 

たま駅長、長い間お仕事お疲れ様でした。ゆっくり休んでください…


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

【無防備】やる気が全くない脱力状態の犬 18選

画像

ネコ、どうしてそこにいるんだ13選

00:40

【驚愕】ありえない角度に首を反らせて得意気にカメラを見つめるシバ犬(40秒)

00:14

【胸キュン注意】クルクル回って毛布に包まるポメが反則級に可愛い!(14秒)

00:33

「楽しいニャ(≧▽≦)」はじめてとは思えないほどお風呂を満喫するニャンコ

01:55

【癒し】あお向けで手足をピクピクさせてる子猫を、優しく寝かしつける母ネコ

01:08

『投げるフリ』をした結果…まるちゃんの大物っぷりがスゴイ( *´艸`)!

01:32

嫌いな人に抱っこされた時だけリアルな死んだフリでやり過ごす子犬がすごい!

^

^