「3Dプリント義足」のおかげで飼い主と一緒に走り回れるようになった犬のお話

4.5


犬の「ダービー」は生まれつき前脚に障害がありました。
走り回ることができないだけでなく、歩くことすらままならないまま生活をしていました。
141222-0013

前脚の代わりに丸い車輪も試しましたが、自由に動き回るには程遠い効果しか得られませんでした。
141222-0014

そこでダービーの前脚の3Dスキャンデータを元にオリジナルの義足を作ることになりました。
義足の上部はダービーの変形した前脚にピッタリ合うようなクレードルになっており、下部は独特な楕円形をしています。
141222-0015

ダービー専用で作られた「3Dプリント義足」のおかげで、自由に走り回ることができるようになりました。
141222-0016

生まれてからずっと不自由な生活をしていたタービーが、初めて飼い主と一緒に走り回れるようになったのです!!
141222-0017

無限の可能性を秘めている「3Dプリンタ」。
今後も人間だけでなく多くの動物に『よい生活を送ることの手助け』をしてくれるだろうと、期待が集まっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=uRmoowIN8aY)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

02:55

「ほら、こうやって飲むのよ」母猫に水の飲み方を教えてもらう子猫ちゃん。でも、上手く飲めなくて… ( *´艸`)♡

画像

飼い主さんは要注意!犬&猫が頭を壁につけたらすぐに病院へ連れてって!!(オランダ研究)

01:14

なにされても怒らない!赤ちゃんと遊んであげる大人なねこさん

画像

すべての足に障害があっても前向きに生き続けた子猫。ついに里親に出会い、幸せを見つける。

00:36

さすが(笑) なかなか『おすわり』しないワンコを見かねた先輩ワンコが…(*゚0゚)

02:47

「私がみんな育てる!」3匹の子猫を保護したら、子育て中のイヌがお母さんに!?

00:18

【18秒】ネコが寝室で静かだったので、様子を見に行ったら、こうなっていた…

01:28

おやつの入った引出しを、やっと開けた猫に待っていた衝撃の結末とは・・・?

^

^