「3Dプリント義足」のおかげで飼い主と一緒に走り回れるようになった犬のお話

4.5


犬の「ダービー」は生まれつき前脚に障害がありました。
走り回ることができないだけでなく、歩くことすらままならないまま生活をしていました。
141222-0013

前脚の代わりに丸い車輪も試しましたが、自由に動き回るには程遠い効果しか得られませんでした。
141222-0014

そこでダービーの前脚の3Dスキャンデータを元にオリジナルの義足を作ることになりました。
義足の上部はダービーの変形した前脚にピッタリ合うようなクレードルになっており、下部は独特な楕円形をしています。
141222-0015

ダービー専用で作られた「3Dプリント義足」のおかげで、自由に走り回ることができるようになりました。
141222-0016

生まれてからずっと不自由な生活をしていたタービーが、初めて飼い主と一緒に走り回れるようになったのです!!
141222-0017

無限の可能性を秘めている「3Dプリンタ」。
今後も人間だけでなく多くの動物に『よい生活を送ることの手助け』をしてくれるだろうと、期待が集まっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=uRmoowIN8aY)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

【ころっころな子犬だらけ♡】ママ犬と生まれたばかりの子犬たちが小さすぎっ(画像10枚)

画像

生後1日で保護された子猫。引き取られた先で、新しいお母さんに出会うと… (10枚)

画像

【傑作ボケ】笑いで疲れを吹っとばせ!センスあふれる猫のボケて!(画像22選)

画像

山火事に巻き込まれ、全身に大火傷を負った猫が奇跡の生還を遂げる。

画像

飼い猫が子猫を拾ってきちゃった!?

画像

犬好き全員集合!モフモフの身体と笑顔がたまらない「サモエド」の魅力に迫る

00:34

【優しいまなざし】保護された子猫に、目線を合わせてふれ合う大型犬(^^)

00:43

留守番中に鳴った電話。戸惑いながらもまさかの行動に出たネコちゃん(43秒)

^

^