「3Dプリント義足」のおかげで飼い主と一緒に走り回れるようになった犬のお話

4.5


犬の「ダービー」は生まれつき前脚に障害がありました。
走り回ることができないだけでなく、歩くことすらままならないまま生活をしていました。
141222-0013

前脚の代わりに丸い車輪も試しましたが、自由に動き回るには程遠い効果しか得られませんでした。
141222-0014

そこでダービーの前脚の3Dスキャンデータを元にオリジナルの義足を作ることになりました。
義足の上部はダービーの変形した前脚にピッタリ合うようなクレードルになっており、下部は独特な楕円形をしています。
141222-0015

ダービー専用で作られた「3Dプリント義足」のおかげで、自由に走り回ることができるようになりました。
141222-0016

生まれてからずっと不自由な生活をしていたタービーが、初めて飼い主と一緒に走り回れるようになったのです!!
141222-0017

無限の可能性を秘めている「3Dプリンタ」。
今後も人間だけでなく多くの動物に『よい生活を送ることの手助け』をしてくれるだろうと、期待が集まっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=uRmoowIN8aY)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

00:47

【爆笑】何がしたいの(笑)? 1匹のハムがひたすら謎の行動をしはじめた…(47秒)

00:19

「よく頑張ったね!!」ゲートを乗り越えた子ネコを思いっきり抱きしめる母ネコ♡

00:30

『30秒』飼い主にお休みのチューをしてから眠りにつく子ねこ、いい夢見てね♡

00:23

【23秒】つぶらな瞳がキュートなパグ♡おやつ「待て」の練習でスゴ技を披露!

画像

こいつスケベな体しとるな! セクシーなイラストを完コピした猫が妙に色っぽい10選

01:03

片目を失うも保護され元気になった子猫。得意のサーフィンで美しい海の世界を楽しむ!

00:18

イヌが脱走しないよう柵を作った男性。完成して自慢気に撮影していたら‥(18秒)

02:24

それでもペットショップに行きますか?ペット流通の裏を描いた動画に考えさせられる…

^

^