「3Dプリント義足」のおかげで飼い主と一緒に走り回れるようになった犬のお話

4.5


犬の「ダービー」は生まれつき前脚に障害がありました。
走り回ることができないだけでなく、歩くことすらままならないまま生活をしていました。
141222-0013

前脚の代わりに丸い車輪も試しましたが、自由に動き回るには程遠い効果しか得られませんでした。
141222-0014

そこでダービーの前脚の3Dスキャンデータを元にオリジナルの義足を作ることになりました。
義足の上部はダービーの変形した前脚にピッタリ合うようなクレードルになっており、下部は独特な楕円形をしています。
141222-0015

ダービー専用で作られた「3Dプリント義足」のおかげで、自由に走り回ることができるようになりました。
141222-0016

生まれてからずっと不自由な生活をしていたタービーが、初めて飼い主と一緒に走り回れるようになったのです!!
141222-0017

無限の可能性を秘めている「3Dプリンタ」。
今後も人間だけでなく多くの動物に『よい生活を送ることの手助け』をしてくれるだろうと、期待が集まっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=uRmoowIN8aY)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

だんだん眠くなる…子ネコがおもちゃで催眠術にかかる決定的瞬間!!(11秒)

01:39

ボロボロの状態で保護された子猫。優しい家族のおかげで元気になっていく姿に感動…

画像

「きょ、今日は帰りが早いね... 」気まずい瞬間を目撃されてしまった動物たち

画像

一度は離ればなれになった猫の夫婦。引き取られた先で再会すると… (10枚)

02:19

【世界中で人気】箱入りネコのまる、今度は『カメ』になる( *´艸`)!?

00:59

ギター弾くと足元に寄ってきてリラックスしながら聞いてくれる子犬がたまらん

01:23

可愛すぎるお返事♪「お腹空いた?」と愛猫に聞くと、毎回嬉しそうな反応が(^^)

画像

長年連れ添った愛猫とお別れした男性。保護施設を訪ねると、愛猫そっくりの子猫が現れて… (9枚)

^

^