「3Dプリント義足」のおかげで飼い主と一緒に走り回れるようになった犬のお話

4.5


犬の「ダービー」は生まれつき前脚に障害がありました。
走り回ることができないだけでなく、歩くことすらままならないまま生活をしていました。
141222-0013

前脚の代わりに丸い車輪も試しましたが、自由に動き回るには程遠い効果しか得られませんでした。
141222-0014

そこでダービーの前脚の3Dスキャンデータを元にオリジナルの義足を作ることになりました。
義足の上部はダービーの変形した前脚にピッタリ合うようなクレードルになっており、下部は独特な楕円形をしています。
141222-0015

ダービー専用で作られた「3Dプリント義足」のおかげで、自由に走り回ることができるようになりました。
141222-0016

生まれてからずっと不自由な生活をしていたタービーが、初めて飼い主と一緒に走り回れるようになったのです!!
141222-0017

無限の可能性を秘めている「3Dプリンタ」。
今後も人間だけでなく多くの動物に『よい生活を送ることの手助け』をしてくれるだろうと、期待が集まっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=uRmoowIN8aY)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

01:27

【世界中が胸キュン】生まれたばかりの6匹のパグが、仲良く並んでお昼寝Zzz…

03:21

「パパのお膝は気持ちいいにゃ〜ん♪」な黒猫ちゃん。そこへ柴犬がやって来て… ( *´艸`)♡

00:23

至福のおやつタイムに忍び寄る猫…ハムスターが慌ててとった行動とは(笑)!?

00:55

ある番組のオープニングソングが大好きでノリノリなオカメインコ(*´艸`*)♡

画像

【間もなくスリープモードに入ります】バッテリー切れを起こしたニャンコたち16選

04:12

【感動】まるで本当の親子!子猫の母親になったハスキーから教わる無償の愛!

00:24

【24秒】猫じゃらしに夢中だったのに、「ピンポン」とチャイムが鳴ると・・・!?

00:33

子犬がウトウトZzz....「頭が安定してないwww」

^

^