飲酒運転により命を奪われた高校生。30秒に込められた遺族と飼い犬の想い。

4.5

2011年2月、福岡県粕屋町で飲酒運転車にはねられ、16才の高校生・山本寛大君が亡くなりました。寛大君の母親は飲酒運転撲滅のためCM制作を発案しました。制作費は有志や協力者からの寄付金でまかなわれ、映像クリエイター・服部正典さんによって撮影されました。
140909-0003-2

CMに起用されたのは、飼っていたメスの柴犬「こゆき」です。「こゆき」は寛大君が小学5年生のときに家族になりました。寛大君は「こゆき」が小さな時には自転車のカゴに入れて出歩き、大きくなってからも散歩を欠かさないほど可愛がっていました。
140909-0003-1

そんな寛大君が高校1年生のとき、同級生とともに飲酒運転していた車にはねられ、死亡しました。
140909-0002-2

寛大君の母親は「撮影中にこゆきに『寛大のために頑張って』と言葉をかけると、いい演技をしてくれた。大切な人を失った悲しみは誰にでもある。その悲しみを想像できるようになれば、飲酒運転もなくなる」と話しています。
140909-0002-3

遺族の想いが込められた30秒のCMです。
ご覧下さい。

 

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=QrGlAn0Gy7U)

 
柴犬のオススメ記事
柴犬の飼い方はこちら


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

【間もなくスリープモードに入ります】バッテリー切れを起こしたニャンコたち16選

02:04

ご飯の準備をはじめたら…待ちきれない子猫が「早く〜!!」と催促してきた(^_^;)

00:59

何この甘えん坊!お風呂に入りたいハスキーの「ダダこね」にお茶吹きだした

00:40

【感動の再会】大はしゃぎ!大親友の黒ネコに再会したフェネック

00:23

【23秒】玄関を開けたら0秒で猫ちゃんのお出迎え(*´ω`*)予想を裏切る展開に萌♡

画像

甘えるサインは「ぎゅっ」。保護された夜から抱き着く癖が抜けない猫ちゃん♡

画像

ディズニーで映画化希望!ふくろうとシェパードの素敵な冒険録にワクワクする

01:40

事故で足が不自由になった犬...殺処分間近で救ったのは足が不自由な男性でした

^

^