チーターと共に成長した犬。大きくなっても種を超えた『友情』はそのまま(^o^)

4.0

アメリカの動物園で飼育されていたチーターの赤ちゃん「クンバリ」。クンバリは生まれつき体が小さく、人間の手で育てないと死んでしまうと判断されました。しかし、人間だけに育てられると野生に戻れない可能性があり、野生のパートナーが必要でした。そこでパートナーとして選ばれたのが子犬の「カーゴ」。カーゴは殺処分寸前の子犬でした。
 
2匹は初めて出会った時からすぐに仲良くなり、また2匹とも怖がりな性格から、大きくなってからもずっと一緒にいるそうです。

 

 
 
 
赤ちゃんの時からずっと一緒の2匹。種を超えた『友情』に、動物園の職員だけでなく、世界中の人々の感動を呼んでいます。大きくなってからもじゃれ合う姿を見ていると、思わず笑顔になれます。これからも2匹で仲良くすごしてね(*´∀`*)


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=caX24UC2lsY)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

路上に捨てられていた子猫。彼女を助けたのは1匹の犬でした。

04:10

【よく頑張った!】凍った川で悲鳴をあげながらも救助されるまで耐えたワンコ

01:00

「まるできょうだい」仲良しな猫とウサギが一緒に散歩♪

画像

完全に確信犯!だけど可愛くて怒れないジャマネコさん16選

00:35

【爆笑】頑張って泳いでいたワンコが、衝撃的なことに気付いてしまった..(35秒)

画像

まん丸お目めの悲しき盲目ネコ。捨てられて、人間不信になっていた時に運命の出会いが・・・ 11枚

00:22

【衝撃】ネコだってやればできる!2匹の犬と一緒に披露する芸がスゴい!(22秒)

00:19

すやすやzzz…2匹のフェレットを寝かしつけるママ猫に心温まる♪

^

^