チーターと共に成長した犬。大きくなっても種を超えた『友情』はそのまま(^o^)

4.0

アメリカの動物園で飼育されていたチーターの赤ちゃん「クンバリ」。クンバリは生まれつき体が小さく、人間の手で育てないと死んでしまうと判断されました。しかし、人間だけに育てられると野生に戻れない可能性があり、野生のパートナーが必要でした。そこでパートナーとして選ばれたのが子犬の「カーゴ」。カーゴは殺処分寸前の子犬でした。
 
2匹は初めて出会った時からすぐに仲良くなり、また2匹とも怖がりな性格から、大きくなってからもずっと一緒にいるそうです。

 

 
 
 
赤ちゃんの時からずっと一緒の2匹。種を超えた『友情』に、動物園の職員だけでなく、世界中の人々の感動を呼んでいます。大きくなってからもじゃれ合う姿を見ていると、思わず笑顔になれます。これからも2匹で仲良くすごしてね(*´∀`*)


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=caX24UC2lsY)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

00:10

「極楽ニャ〜」保護された翌日にお風呂に入れてもらい、気持ちよさそうな子猫

02:28

【吾輩に入れない箱はない】どうすれば入れるのか…試行錯誤するぽっちゃり猫

00:11

【11秒】くつろぐ猫に悲劇。ベッドの奥まで飛ぶくらい驚いた理由とは・・?

画像

【画像19選】ネコはイヌのことを枕だと思っていることがよく分かる証拠

00:43

留守番中に鳴った電話。戸惑いながらもまさかの行動に出たネコちゃん(43秒)

01:36

「あれは誰にゃ!」庭に現れたオオヤマネコに興味津々の猫。お友達になろうと一生懸命頑張ります♪

00:08

【8秒】雪の上を慎重に歩くネコさん。そこへやってきた犬が最悪のイタズラを…

00:34

隣家から借りたヌイグルミを嬉しそうに運ぶネコ。自宅に持って帰ると…(34秒)

^

^