チーターと共に成長した犬。大きくなっても種を超えた『友情』はそのまま(^o^)

4.0

アメリカの動物園で飼育されていたチーターの赤ちゃん「クンバリ」。クンバリは生まれつき体が小さく、人間の手で育てないと死んでしまうと判断されました。しかし、人間だけに育てられると野生に戻れない可能性があり、野生のパートナーが必要でした。そこでパートナーとして選ばれたのが子犬の「カーゴ」。カーゴは殺処分寸前の子犬でした。
 
2匹は初めて出会った時からすぐに仲良くなり、また2匹とも怖がりな性格から、大きくなってからもずっと一緒にいるそうです。

 

 
 
 
赤ちゃんの時からずっと一緒の2匹。種を超えた『友情』に、動物園の職員だけでなく、世界中の人々の感動を呼んでいます。大きくなってからもじゃれ合う姿を見ていると、思わず笑顔になれます。これからも2匹で仲良くすごしてね(*´∀`*)


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=caX24UC2lsY)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

01:39

ボロボロの状態で保護された子猫。優しい家族のおかげで元気になっていく姿に感動…

04:12

【感動】まるで本当の親子!子猫の母親になったハスキーから教わる無償の愛!

01:23

寝ればいいのに(笑) 襲いくる眠気と戦い『ゴロン』と負けちゃうワンコ16連発!

01:09

胸キュン♡フェイスマッサージで気持ちよ~くなっちゃう子ネコが可愛すぎる!

03:36

イタズラがバレた時のとぼけ方が下手すぎる犬達。でもそれが可愛くて怒れない

00:35

部屋に入るのを怖がるイヌを呼んだら、いろいろ考えた結果、こうなった・・・(笑)

00:24

【家族愛】ガンで余命宣告された愛犬と軍務中だった飼い主の感動の再会…

02:13

テンションMAX!初めて赤ちゃんを見て、大興奮のワンコ

^

^