チーターと共に成長した犬。大きくなっても種を超えた『友情』はそのまま(^o^)

4.0

アメリカの動物園で飼育されていたチーターの赤ちゃん「クンバリ」。クンバリは生まれつき体が小さく、人間の手で育てないと死んでしまうと判断されました。しかし、人間だけに育てられると野生に戻れない可能性があり、野生のパートナーが必要でした。そこでパートナーとして選ばれたのが子犬の「カーゴ」。カーゴは殺処分寸前の子犬でした。
 
2匹は初めて出会った時からすぐに仲良くなり、また2匹とも怖がりな性格から、大きくなってからもずっと一緒にいるそうです。

 

 
 
 
赤ちゃんの時からずっと一緒の2匹。種を超えた『友情』に、動物園の職員だけでなく、世界中の人々の感動を呼んでいます。大きくなってからもじゃれ合う姿を見ていると、思わず笑顔になれます。これからも2匹で仲良くすごしてね(*´∀`*)


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=caX24UC2lsY)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

00:18

イヌが脱走しないよう柵を作った男性。完成して自慢気に撮影していたら‥(18秒)

00:59

【勘違い?】ぬいぐるみを仲間だと思って散歩するネコが愛らしい(ノ´∀`*)

00:58

かわいすぎる!話しかけると嬉しそうに返事してくれる子猫がまるで天使!

02:20

【予想外】まだヨチヨチな仔猫2匹とネコじゃらしで遊んでたら...(ノ゚ο゚)ノオオォォ-

画像

ご主人様のお食事を見つめる猫ちゃん達。食べたいと目で訴える表情がたまらない♡(画像17枚)

00:49

【萌死注意!】よちよち歩きの子ネコがぞろぞろ出てくる魔法の紙袋(*´艸`*)

03:46

犬が留守番中に何をしているのかを首にカメラをつけてチェックしてみた

01:18

【驚き】ねずみに懐かれたネコ。迷惑してるかと思ったらわりとご満悦な様子!

^

^