チーターと共に成長した犬。大きくなっても種を超えた『友情』はそのまま(^o^)

4.0

アメリカの動物園で飼育されていたチーターの赤ちゃん「クンバリ」。クンバリは生まれつき体が小さく、人間の手で育てないと死んでしまうと判断されました。しかし、人間だけに育てられると野生に戻れない可能性があり、野生のパートナーが必要でした。そこでパートナーとして選ばれたのが子犬の「カーゴ」。カーゴは殺処分寸前の子犬でした。
 
2匹は初めて出会った時からすぐに仲良くなり、また2匹とも怖がりな性格から、大きくなってからもずっと一緒にいるそうです。

 

 
 
 
赤ちゃんの時からずっと一緒の2匹。種を超えた『友情』に、動物園の職員だけでなく、世界中の人々の感動を呼んでいます。大きくなってからもじゃれ合う姿を見ていると、思わず笑顔になれます。これからも2匹で仲良くすごしてね(*´∀`*)


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=caX24UC2lsY)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

01:58

【感動】生き別れた親子が、保護施設で奇跡の再会…。その光景に胸を打たれる

02:09

めっちゃ嬉しそう!ネコさんにひたすらスリスリ攻撃されると人間はこうなる(笑)

02:01

ご主人の上に乗ってバイオリンの演奏をお手伝いする子ネコ♪(ノ´∀`*)

01:45

【貴重】成長の証!ネコさんの『乳歯』が抜けた決定的瞬間Σ(●゚д゚●)!!

00:20

【20秒】腕に抱きつくネコ。全然離してくれないので、振りほどこうとしたら・・・

画像

せっかく買ってあげたのに・・・。飼い主さんのプレゼントを台無しにする猫たち。(画像15枚)

00:13

「助けてくれてありがとう!」殺処分の寸前で救われた猫。保護主さんへの感謝の気持ちが止まらない! (4枚)

01:38

袖にハマって幸せそうにくつろぐ猫さん。しばらくすると同居猫が乗ってきて… 大変なことに ( *´艸`)♡

^

^