チーターと共に成長した犬。大きくなっても種を超えた『友情』はそのまま(^o^)

4.0

アメリカの動物園で飼育されていたチーターの赤ちゃん「クンバリ」。クンバリは生まれつき体が小さく、人間の手で育てないと死んでしまうと判断されました。しかし、人間だけに育てられると野生に戻れない可能性があり、野生のパートナーが必要でした。そこでパートナーとして選ばれたのが子犬の「カーゴ」。カーゴは殺処分寸前の子犬でした。
 
2匹は初めて出会った時からすぐに仲良くなり、また2匹とも怖がりな性格から、大きくなってからもずっと一緒にいるそうです。

 

 
 
 
赤ちゃんの時からずっと一緒の2匹。種を超えた『友情』に、動物園の職員だけでなく、世界中の人々の感動を呼んでいます。大きくなってからもじゃれ合う姿を見ていると、思わず笑顔になれます。これからも2匹で仲良くすごしてね(*´∀`*)


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=caX24UC2lsY)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

【朝だ!エサくれにゃ】どんな目覚まし時計よりも効果的な「ネコアラーム」14選

02:33

改札の上でのんびり昼寝する猫に対し、電車を利用するお客のとる対応が120点

00:48

子猫に目線を合わせ遊びに誘う大型犬。しかし、残念ながら全く相手にされず・・・

画像

【間もなくスリープモードに入ります】バッテリー切れを起こしたニャンコたち16選

00:12

手足をぱたぱたさせながら『へそ天』で眠る子ネコに一瞬で癒される(*´艸`*)

00:22

歯みがきで泣く赤ちゃんを助けるため、お母さんに抗議する心優しいニャンコ!

画像

きっと誰かに教えたくなる(*´▽`*)ネコに関する名言・迷言 【20個】

00:38

子犬の初めてのジャンプが可愛すぎ♡勇気を出す姿に悶絶してください!

^

^