チーターと共に成長した犬。大きくなっても種を超えた『友情』はそのまま(^o^)

4.0

アメリカの動物園で飼育されていたチーターの赤ちゃん「クンバリ」。クンバリは生まれつき体が小さく、人間の手で育てないと死んでしまうと判断されました。しかし、人間だけに育てられると野生に戻れない可能性があり、野生のパートナーが必要でした。そこでパートナーとして選ばれたのが子犬の「カーゴ」。カーゴは殺処分寸前の子犬でした。
 
2匹は初めて出会った時からすぐに仲良くなり、また2匹とも怖がりな性格から、大きくなってからもずっと一緒にいるそうです。

 

 
 
 
赤ちゃんの時からずっと一緒の2匹。種を超えた『友情』に、動物園の職員だけでなく、世界中の人々の感動を呼んでいます。大きくなってからもじゃれ合う姿を見ていると、思わず笑顔になれます。これからも2匹で仲良くすごしてね(*´∀`*)


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=caX24UC2lsY)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

01:00

家族に迎えられた20歳の老猫。家に来た瞬間からみんな幸せに! (11枚)

03:36

イタズラがバレた時のとぼけ方が下手すぎる犬達。でもそれが可愛くて怒れない

画像

【画期的】泳げなくなった金魚が、飼い主のあるアイデアによって復活を遂げた話。

00:21

天使のスマイル♡大きなお目目のモフモフ子猫にハートを盗まれた(*´ェ`*)!

01:22

かわいすぎる!早く散歩に行きたい犬の優しくパパを起こす様子に癒やされる♡

00:22

【母の愛】子ネコが雨に濡れないように守りながら急いで帰る母ネコ(*´ェ`*)

00:52

【仲良し】猫のことが大好きで、ちょっかいを出しまくる 怖いもの知らずのリス

00:40

気を引くために取った最終手段が大胆!無視して新聞を読んでたら怒ったネコ。

^

^