チーターと共に成長した犬。大きくなっても種を超えた『友情』はそのまま(^o^)

4.0

アメリカの動物園で飼育されていたチーターの赤ちゃん「クンバリ」。クンバリは生まれつき体が小さく、人間の手で育てないと死んでしまうと判断されました。しかし、人間だけに育てられると野生に戻れない可能性があり、野生のパートナーが必要でした。そこでパートナーとして選ばれたのが子犬の「カーゴ」。カーゴは殺処分寸前の子犬でした。
 
2匹は初めて出会った時からすぐに仲良くなり、また2匹とも怖がりな性格から、大きくなってからもずっと一緒にいるそうです。

 

 
 
 
赤ちゃんの時からずっと一緒の2匹。種を超えた『友情』に、動物園の職員だけでなく、世界中の人々の感動を呼んでいます。大きくなってからもじゃれ合う姿を見ていると、思わず笑顔になれます。これからも2匹で仲良くすごしてね(*´∀`*)


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=caX24UC2lsY)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

窓を開けたまま寝ていたら、見知らぬ2匹の子猫が枕元に! 逃げた母猫に子猫を会わせると…

03:11

【感動】生まれつき盲目の猫が大好きなハイキングを楽しむ姿がいとおしい…

00:24

【母猫やらかす】たくさんの子猫たちを一瞬で消した、母猫の驚きの行動とは?

02:02

甘えん坊すぎる!ハスキーのお母さんにがっつり甘えるサモエドの子犬♡(*´∀`*)

画像

子猫がご主人を信頼しすぎてる件(画像10枚)

01:58

【感動】生き別れた親子が、保護施設で奇跡の再会…。その光景に胸を打たれる

01:10

動物園に迷い込んだ猫がオオヤマネコと大親友に♪(*´ω`*)【動画&画像】

00:33

子犬がウトウトZzz....「頭が安定してないwww」

^

^