【家族愛】ガンで余命宣告された愛犬と軍務中だった飼い主の感動の再会…

4.0

2012年4月、犬の『カーミー』は経口黒色腫という皮膚がんの一種に侵され、「2~3ヶ月の命」と余命宣告を受けました。飼い主である父のエリックさんは軍務中で、しばらく帰宅するのは難しい状態でした。次の帰宅予定は2012年11月。家族みんなが、カーミーとお父さんはもう会えないだろうと思っていました。

 
しかし、家族の深い愛情で支えられ、闘病していたカーミーは余命宣告の期間を越えてお父さんの帰りを待ち続けました。

そして、11月が近づき、「カーミーはお父さんに会うことができる!!」と思っていた矢先に…、エリックさんの任務が無期限延長になったという残念な知らせが届きます。家族みんなが落胆し、カーミーはこのままお父さんに会えずに天国に行ってしまうのだろうと思っていたそうです。

 
ところが奇跡が起きます!!クリスマスの数日前にお父さんが帰ってきたのです!!待ちに待ったお父さんとの再会。余命宣告を受けてから9ヶ月もの月日が経っていました。お父さんを見るなり、全速力で飛びつき、甘えるカーミー。家族にもその喜びを伝えるかのように飛びついています。

 
24杪と短い動画ですが、カーミーの幸せそうな表情がすべてを物語っています。

 

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=LHnFwr01_kM)
 

お父さんとの再会を果たしたカーミーはご飯をたくさん食べ、水もたくさん飲み、少し元気を取り戻しました。しかし、12歳の誕生日を迎えた約1ヶ月後の2013年2月22日、天国へと旅立っていきました。

 
お父さんと再会することができ、しあわせな気持ちで天国で過ごしていることを願います。

他のオススメ記事♪


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

00:15

【奇跡】赤ちゃんに子犬が寄り添った瞬間に最高の『幸せ』が撮れました(15秒)

00:18

【18秒】頬がゆるむハプニング発生!箱で遊んでたら閉じ込められちゃった子猫

画像

退役軍人が入院する病院に引き取られ、患者さんやその家族を癒し続ける猫「トム」のお話。

画像

犬?猫?そんなの関係ない!血は繋がってないけどママになると決意した動物16選

画像

すべての足に障害があっても前向きに生き続けた子猫。ついに里親に出会い、幸せを見つける。

00:13

「助けてくれてありがとう!」殺処分の寸前で救われた猫。保護主さんへの感謝の気持ちが止まらない! (4枚)

画像

腹筋がよじれる!可愛い『ネコ画像』におもしろい一言を添えた傑作ボケて60選

00:55

ある番組のオープニングソングが大好きでノリノリなオカメインコ(*´艸`*)♡

^

^