【実話】ヒドイ虐待を受け心を閉ざしていた子猫が親友に出会ったことにより…

3.5

 

紫色の毛の『スマーフ』という猫が、アメリカ・カリフォルニア州の保護施設にいるのをご存知でしょうか。紫に染まった毛に、噛み傷だらけの身体。
虐待を受けていたのは一目瞭然でした。そんなスマーフを救ったのは、保護施設のスタッフの方々と、ある猫でした。
 

生後約7週で保護された子猫のスマーフ。

SMURF, the little purple dyed 7 week old kitten

Posted by Nine Lives Foundation on Monday, 28 December 2015

傷だらけで怯えた目をしていました。

SMURF weighs in at 1lb 10oz

Posted by Nine Lives Foundation on Monday, 28 December 2015

 

Sleeping soundly after his treatments

Posted by Nine Lives Foundation on Monday, 28 December 2015

虐待にあった動物の治療を専門に行う獣医師によると「スマーフは犬の噛むオモチャにされていた可能性がある」と言います。

闘犬の訓練に子猫を使用する人が世の中にはいるようで、犬以外の動物の飼い主にも『生き餌』や『オモチャ』として子猫を使用する人がいるという衝撃の内容でした。

保護されたスマーフの状態は、それと同様の状態だと言います。スマーフは、すぐに手術や治療を施してもらい、傷の状態は回復していきましたが、紫色に染まった毛はなかなか元には戻ってくれませんでした。

SMURF is cozy warm on his heated bed 🙂

Posted by Nine Lives Foundation on Monday, 28 December 2015

毛を剃っても、体の深い部分まで色が染められていて、色が抜けないのです。

Prepping SMURF for surgery.

Posted by Nine Lives Foundation on Sunday, 3 January 2016

 

Receiving his full body shave to remove matted fur and to expose multiple bite wounds & lacerations

Posted by Nine Lives Foundation on Monday, 28 December 2015

保護されたスマーフは、これまで虐待を受けていた影響で人間に対する恐怖心が大きく、なかなか心を開くことが出来ませんでした。

そこで、スタッフの方々が考えたのが『他の猫と同じケージに入れる』ということでした。同じ施設に保護された「ワンダ」という猫と同じケージに入れると、二匹はすぐに親友になったのです。

SMURF with his blind kitten friend WANDA who was found starving next to a garbage can on Tuesday.

Posted by Nine Lives Foundation on Friday, 1 January 2016

 

Watching TV while giving WANDA her daily massage

Posted by Nine Lives Foundation on Sunday, 10 January 2016

 

Good Thursday Morning to everyone! SMURF & WANDA enjoying a quiet moment together – if only you could hear the synchronous purring!

#smurfandwanda #cats #adopt #spay

Posted by Nine Lives Foundation on Thursday, 4 February 2016

 

SMURF & WANDA are spending this glorious, sunny California President's Day playing with their new toy! Hope you are out enjoying yourself too….
#smurfandwanda #cats #adopt #spay

Posted by Nine Lives Foundation on Monday, 15 February 2016

保護されてから、スマーフのことはニュースでも大きく取り上げられ、保護施設にスマーフを引き取りたいという問い合わせもたくさん来ているそうです。

Today is 30 days of SMURF!
#smurfandwanda #cats #adopt

Posted by Nine Lives Foundation on Thursday, 28 January 2016

 

SMURF was in heaven with so many visitors making him for so special & loved!

Posted by Nine Lives Foundation on Friday, 1 January 2016

SNSを通じてスマーフのことを知った人が、スマーフの名前を刺繍したキルトを施設に送ってくれることもありました。

SMURF loves his new homemade & personalized quilt sent by Nancy H!
SMURF promises to share his new quilt with WANDA even though he didn't let her join in on the photo shoot!
#smurfandwanda #adopt #cats

Posted by Nine Lives Foundation on Friday, 29 January 2016

今では、ふかふかの毛布の上でお昼寝もするようになったスマーフ。

When you feel stressed out & tired, SMURF recommends that you to take a cat nap…..

#smurfandwanda#cats#adopt#spay

Posted by Nine Lives Foundation on Monday, 1 February 2016

保護された時には、600グラム程の体重も、今では1400グラム程になり平均体重に近づいてきました。
毛も少しずつですが生え変わり、綺麗なグレーになり始めています。

Smurf has finally caught up to his age appropriate weight! He is approximately 3.5 months old now!

Posted by Nine Lives Foundation on Monday, 8 February 2016

 

SMURF wants to be your Valentine! Happy Valentine's Day to everyone around the world!

Posted by Nine Lives Foundation on Sunday, 14 February 2016

 

Smurf's purple color is approximately 70% gone! He is becoming a gorgeous grey medium hair fluffy boy! (possibly a tabby! ) – time will tell!

Posted by Nine Lives Foundation on Monday, 8 February 2016

では、どのようにしたら、スマーフのような虐待を受ける動物を減らすことができるのでしょうか。

Smurf enjoys a warm sun bath too…looking good young man!

Posted by Nine Lives Foundation on Tuesday, 9 February 2016

獣医師は「安易に子猫の里親をネット上で探さないで」と言います。ネットを使うことで、世界中に一気に情報発信することができ、拡散も早くなります。それでとても良い飼い主さんに引き取ってもらい、幸せになった子猫もたくさんいます。一方で、子猫をヒドく扱う目的で引き取る人もいると言います。
「ネットを使って探すことがいけない」とは一概にも言えず、長所を生かしながらきちんとした『子猫を引き取る際の条件』や『身元証明の提示』など、悪用されないように上手く利用することが大切なのだと思います。

These guys surely work up an appetite after their morning play – no wonder they are growing so well!

Posted by Nine Lives Foundation on Sunday, 31 January 2016

スマーフは、体の傷が癒えると共にようやくリラックスし、様々なことに興味を持ち始めています。体の毛がまだ完全に元に戻っていないことや総合的な判断から、スマーフを引き取りたいという要望は多いものの、しばらく里親を見つける予定はないと保護施設の方は言います。虐待されても一生懸命生きるスマーフ。もう少しこの施設でのんびりと過ごして欲しいですね。

A stunning northern California day –

Posted by Nine Lives Foundation on Tuesday, 9 February 2016


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

【愛情200%】誰が見てもわかるほどご主人にメロメロなワンコ15選

02:02

甘えん坊すぎる!ハスキーのお母さんにがっつり甘えるサモエドの子犬♡(*´∀`*)

00:08

【8秒】雪の上を慎重に歩くネコさん。そこへやってきた犬が最悪のイタズラを…

00:16

インコをいつも見つめる猫さん。インコのことが気になりすぎて… 可愛い行動に出た (*´﹃`*)♡ 4枚

画像

箱さえあれば何もいらない♡ 箱を存分に味わい尽くす猫さん達18選

画像

海外でも大人気!夕飯になると机に集合する日本のニャンコにベタ惚れ

画像

悪徳ブリーダー撲滅!ペットショップで保護された犬猫しか販売できない法律が始まっている。

画像

【傑作ボケ】笑いで疲れを吹っとばせ!センスあふれる猫のボケて!(画像22選)

^

^