「この子の寿命は長くない…」そう知らされた男性がとり続けた成長記録に涙!

4.0

みなさんは「バックヤードブリーダー」という言葉をご存知でしょうか? 素人ブリーダーとも言われ、繁殖の勉強などを深くしていない趣味の延長でブリーディングをしている方たちもおり、中にはお金儲けのためだけに自宅で繁殖をおこなっている人もいます。

そんなバックヤードブリーダーの犠牲になったグレートデーンの子犬「ペガサス」。アルビノとして生まれたペガサスの兄弟たちのほとんどはすでに死んでしまい、ペガサスも「この子の寿命は長くない」と獣医に言われました・・・。

また、もし生きることができても、視覚や聴覚に障がいが出る可能性があると告げられたのです・・・。

160406-0015

それを聞いたある男性は、「寿命や障がいなんて関係ない。すでにペガサスは生まれていて、今を生きている。」と、ペガサスを引き取ることを決意します。

そして男性はペガサスがどれくらい生きるか分からないけど、『生きた証』を残すために、成長の記録をつけることにしました。

 

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=H9s9lrNbd9c)

少しずつ成長していくペガサス。最初は足腰が弱かったのですが、毎日歩く練習をしたおかげで、普通に歩けるようにもなりました!

もしかしたら子犬のうちに亡くなっていたかもしれないのに、こんなに大きくなりました!

160406-0012

ペガサスは優しい男性のおかげで幸せをつかむことができましたが、引き取り手が見つからず殺されてしまう犬もたくさんいます。

人間の私利私欲のために産まれ犠牲になる犬がいち早くいなくなることを願っています。


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

せっかく買ってあげたのに・・・。飼い主さんのプレゼントを台無しにする猫たち。(画像15枚)

画像

「初めまして」と「さよなら」の日を撮影した画像15枚

00:29

忍び足で子猫がジワジワ近寄ってきて、最後飛びつかれる動画にキュン(25秒)

画像

長年連れ添った愛猫とお別れした男性。保護施設を訪ねると、愛猫そっくりの子猫が現れて… (9枚)

01:07

出かけた先で両足が麻痺した母猫。我が子を想う気持ちが、再び親子を再会させる (7枚)

00:28

ワンコを触るか迷っていると犬から歩み寄りペロペロ♡最後の赤ちゃんも可愛い

画像

「ネズミに困っているの…」農家の友達に相談すると、可愛い解決策がやって来た! (4枚)

02:27

「ねぇ、起きる時間だよ!」野性味溢れるサバンナキャットの ”起こし方” が大胆すぎた (〃∇〃)!

^

^