ひとりだけ生き残った子猫。瀕死の状態から助け出されると… 病気の保護主さんを救ってくれた (7枚)

2.5


記事提供:エウレカ!
 

ある日、三毛猫の子猫『ケシャ』がララミー・エヴァンズさんに発見されました。悲しいことにケシャの兄弟達はすでに命を落としていましたが、ひとり残ったケシャは衰弱しながらも生きるために戦っていたのです。ララミーさんはそんなケシャを保護すると、自宅へと連れて帰りました。
 

hogo_cat01
 

以前は看護師として働いていたララミーさんでしたが、今から7年前に悪性の脳腫瘍ができてから仕事を止めました。それから7年間、ララミーさんは悪性の脳腫瘍との戦いを繰り返してきたのです。これまでに腫瘍を取り除く手術を6回行い、なんとか命をつなぐことができたそうです。
 

hogo_cat02
 

ララミーさんはケシャのお母さんになり、24時間の看病を続けました。そのおかげで徐々に回復していったケシャは、ついに元気を取り戻すことができたのです。
 

hogo_cat03
 

一方、ケシャと出会う前のララミーさんは、病気の治療のためにほとんどの時間を自宅で過ごさなければならず、毎日心が沈んでいました。しかし、ケシャを暮らし始めてからは、全く別の暮らしに変わったのです。毎日がとても充実し、心の底から笑えるようになりました。
 

hogo_cat04
 

ララミーさんは自分の病気のため、看護師であることを忘れていました。しかし、ケシャの看病をしたことで、自分の生き方を思い出したのです。ララミーさんは「ケシャの世話ができて、とても嬉しい」と笑顔で話してくれました。
 

hogo_cat05
 

ケシャを保護してから半年後。
身体が随分大きくなったケシャですが、心の中は半年前と変わっていません。元気に家中を駆け回り、眠たくなるとララミーさんに甘てくるのです。
 

hogo_cat07
 

保護したばかりのケシャは、獣医さんに「長くは持たないだろう」と言われたそうです。しかし、半年経った今でもケシャは生きていて、ララミーさんにたくさんの元気を分けてくれているのです。

深い絆で結ばれたケシャとララミーさんは、この半年間で大きく変わりました。
 

hogo_cat08
 

お互いになくてはならない存在になったふたり。きっとふたりが一緒なら、どんな困難にも打ち勝つことができるでしょう!

(出典:Laramie Evans)

 
エウレカ!のオススメ記事♪

悲しそうな顔で見つめてきた子猫。保護施設から引き取り、8年が経つと… (5枚)

窓拭きおじさんと友達になった黒猫さん。窓の外におじさんの姿を見つけると… (〃∇〃)!

箱の中から次々と ”おもちゃ” をハンティングする猫さん。おもちゃを遠くに置いてみると… (*゚0゚)!


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

00:03

すばらしい!オウムの名前を呼んだら、120点の返事をしてくれた (;・∀・)

00:28

【28秒】見ただけで先住ネコが大激怒!ご主人が新しいワンコを連れ帰ったら・・・

画像

【生きたい】数日間何も食べず、衰弱した状態で保護された子猫が生きる意志を示した瞬間。

00:45

最強にカワイイ!手足をバタバタ動かす赤ちゃんを一生懸命なだめるネコさん♡

01:53

【天国】寝てるだけで猫が群がってくるマタタビみたいなおっさんが発見される

画像

恥ずかしすぎる(笑) 愛犬が滑って笑う飼い主、自分の方が豪快にこける(30秒)

画像

「軽い気持ちで猫を飼わないで」猫を飼う前にもう一度考えるべきこと

01:46

赤ちゃんを泣かせた犬が、お気に入りのおもちゃでかわいい罪ほろぼし

^

^