「ボクがついてるからね」分離不安症の犬を救ったのは、家に来たばかりの小さな保護猫でした (9枚)

3.5


記事提供:エウレカ!
 

ジョーさんの家に暮らすゴールデンレトリバーの『ルーシー』は分離不安症を患っていて、飼い主さんがそばからいなくなると、すぐに精神が不安定な状態になります。特にジョーさんが出張に行くためにスーツケースを出すと、ルーシーはベッドに横たわり、トイレにも行かずに、一日中泣いてばかりいたのです。
 

dog_cat013
 

ルーシーの分離不安症はとても重く、獣医さんが抗うつ薬を勧めるほどでした。しかし、ルーシーは既に甲状腺の薬を服用していたため、ジョーさん夫婦は新しい薬を飲ませることに消極的でした。そこで夫婦はiPadを使って遠隔地から話しかけてみたり、その他にも様々な方法を試してみましたが、どれも効果がなかったそうです。
 

dog_cat023
 

この家には元々、ルーシーと猫のベイリーが住んでいたのですが、3歳と6歳の子供達はペットをもう1匹欲しがりました。そこで夫婦は、保護施設から子猫の『ピート』を家族に迎えることにしたのです。
 

dog_cat033
 

家に着いたばかりのピートは、慣れない環境にとても怯えていました。しかし、ピートは元々、落ち着きがあって、のんびりした性格だったようで、すぐに家族と仲良くなったのです。そして、ルーシーとピートは非常に気が合ったのか、特に仲が良くなり、いつも一緒にいるようになりました。
 

dog_cat042
 

2匹は起きている間だけでなく、寝ている時も離れることはありません。
 

dog_cat051
 

「ピートがこの家に来る前に、他の犬に出会ったことがあるかは分かりませんが、家に来て数日後には、ルーシーの足を幸せそうに毛づくろいしていました」とジョーさんは言います。
 




 
dog_cat06
 

ルーシーは現在10歳で、ピートよりも随分年上ですが、ピートがオモチャを持ってくると、いつも一緒に遊んであげるそうです。
 

dog_cat07
 

そして、驚いたことに夫婦があれほど悩んでいたルーシーの分離不安症が、ピートのおかげで少しずつ治ってきたのです。
 

dog_cat08
 

ジョーさんが出張のためにスーツケースを出すと、ルーシーはまだ少し落ち着かない様子を見せますが、以前よりもずっと気持ちが安定しているそうです。どうやらルーシーは、ピートがいつもそばにいてくれるおかげで、独りではないと感じているようです。
 

dog_cat09
 

家族はもうピート無しの生活は考えられないと言います。とても愛情深いピートは、家族の生活を変え、ルーシーの生活も変えたのです。

(出典: Lindsey Getz / thedodo.com)

 
エウレカ!のオススメ記事♪

ニワトリの様子を見に行ったはずなのに…。なぜか子猫を連れ帰った男性が、思わぬ人生を送ることに! (8枚)

貯金が楽しくなっちゃうかも!? ”リアル猫貯金箱” は幸せも貯まる、不思議な箱でした ( *´艸`)

生まれて数時間後に保護された子猫。5週間後に見せた元気な姿にほっとする (9枚)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

【この良さがわかれば猫好き認定】ガラステーブルの下から見た猫に興奮15選

02:27

「危ない!」盲目の飼い主を守るため、迫りくるバスに身を投げ出した盲導犬。

01:41

おもちゃで必死に遊ぶ茶トラ猫ひろし!たまらなく可愛いラストにも注目♡!

00:46

【しあわせ】飼い主の手の上でぐっすり眠る天使みたいな子ネコ(*´艸`*)♡

00:53

「少し飲み過ぎですよ!!」やけ酒するご主人を優しくなだめる柴犬マリちゃん

画像

今日から猫宣言!どうしても猫になりたい犬13選

画像

これからは安心だよ!シェルターから保護されて新居に向かう犬たちの笑顔11選

画像

ある日、野良猫の世話をしていた女性をジッと見つめてきた猫。保護してもらうと、とても嬉しかったようで… (6枚)

^

^