豪雨の翌日、ずぶ濡れ状態で衰弱しきった生後1日の子猫を発見。保護して看病を続けると…

4.0


記事提供:エウレカ!
 

土砂降りの雨の後、ずぶ濡れの状態で発見された生後1日の子猫。優しい女性がその子を保護し、子猫の新しい母親になったお話です。
 

ame_cat01
 

大雨の翌日、ニュージーランドのオークランドに住むキャスリンさんは、路上で微かに動く生き物を発見しました。最初は、ネズミだと思っていたキャスリンさんでしたが、近づいてみるとそれはまだ「へその緒」がついた生後間もない子猫だったのです。

その子猫は、鳴く事ができないようでしたが、母親を見つけるために必死に路上を這っていたのです。

キャスリンさんはすぐに子猫を家に連れて帰り、食事を与え、看病をしました。すると、保護してから3日目に、ついに喉を鳴らし始めたのです。
 

ame_cat02
 

キャスリンさんは、子猫に『ブルース』という名前をつけました。

キャスリンさんは昼も夜もなくブルースの世話を続けました。ブルースがお腹を空かせて鳴くたびに、起きてごはんを食べさせなければならなかったため、僅かな時間しか眠れない日々が続いたそうです。

そんなキャスリンさんの必死の看病のおかげで、保護して12日目に、未熟児だったブルースも100グラムを越えました。
 

ame_cat03
 

そして、ついにブルースの目が開いたのです!
 

ame_cat04
 

その後、キャスリンさんは、ブルースにごはんの食べ方を教えてあげました。
 

ame_cat05
 

ブルースは成長するとともに、自分だけで出来ることがどんどん増えていきました。

キャスリンさんは、ブルースが日々大きくなっていることがとてもうれしかったそうです。
 

ame_cat06
 

ブルースの身体の成長と共に、喉を鳴らす音も力強くなりました。
 

ame_cat07
 

こちらが、生後9週目の姿です。
すっかりヤンチャになりました♪
 

ame_cat08

ame_cat09
 

日々成長するブルースの動画はこちら。

ベッドの中で眠たそうにしている姿がとっても可愛いですよ♪
 


 

今ではヌイグルミのお友達もできて、幸せそうに暮らしています。
 

ame_cat10
 

豪雨の中、衰弱した状態で発見されたブルースですが、母親のような飼い主さんの必死の看病でこんなに大きくなりました。これからも、愛情をいっぱい受けて元気に育っていって欲しいですね♪
(出典:facebook.com)

 

エウレカ!のオススメ記事♪

お腹を空かせて鳴いていた野良子猫。温かく迎えてくれたのは、愛情いっぱいの猫のお父さんでした (9枚)

ひとりぼっちの子猫ちゃん。 温かい家族に迎えられて、心を許すと… ( *´艸`)♡

「石焼き〜いも〜♪」を聞いた猫のリアクションが、思いっきり人間だった Σ(゚Д゚;)! 3枚

 


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

05:25

ハスキー犬に育てられた猫のロージー。立派に成長した彼女はその後9匹の子猫を育てるお母さんになった。

01:00

家族に迎えられた20歳の老猫。家に来た瞬間からみんな幸せに! (11枚)

01:27

ネコが怖くて階段を降りられないイヌに強力な助っ人×2が登場!!

01:23

元気なワンコが試合に乱入!!紳士的な対応で捕まえるキーパーが素敵(*^_^*)

02:20

子ネコが大きくなって「せまいニャ…」それでも一緒にベッドで寝る2匹♪

01:48

【じわじわくる】ピアノを弾くお姉さんにのって、小刻みに上下するネコ(笑)

画像

不思議な瞳に吸い込まれそう! 瞳の中に2つの色が混在する”希少なオッドアイ”を持つ猫たち(9枚)

画像

保護された直後に、食事が喉を通らなくなった猫。その予想外の原因に胸が熱くなる! (5枚)

^

^