ある日、シッポを怪我した子猫が警備員室に現れた。猫好きの男性が預かって1週間が経つと… (6枚)

3.0


記事提供:エウレカ!
 

ある日、子猫の『マージョリー』は、カナダの高等弁護官事務所にある警備員室に姿を現しました。マージョリーは数日間、警備員室で育てられた後、警備員の友達で、大学院に通うジェイソンさんの家で育てられることになりました。ジェイソンさんはマージョリーがもう少し成長したら、里親さんを探してあげようと考えていたそうです。
 

sippo_cat01
 

4週齢のマージョリーは、どこかで怪我をしてしまったようで、シッポが曲がったままでした。もしかすると道路を歩いているときに、車にぶつかってしまったのかもしれません。また、マージョリーは全身がとても汚れていて、上気道感染症を患っていたそうです。
 

sippo_cat02
 

ジェイソンさんは自宅で猫を飼っていますが、子猫を育てるのは初めてでした。そのためマージョリーを育てるのには少し苦労をしましたが、それ以上にたくさんの喜びを感じたそうです。

マージョリーを引き取った日は、古いセーターをベッド代わりにしました。マージョリーはセーターの暖かさが気に入ったようで、一晩中セーターの中で眠ったそうです。

翌日、ジェイソンさんを信頼し始めたマージョリーは、ジェイソンさんの枕元で眠るようになりました。そして1週間後には、お互いに離れられなくなってしまったのです!

ジェイソンさんは、マージョリーを紹介してくれた警備員の友人に、マージョリーの面倒を一生見ることを伝えたそうです。
 

sippo_cat03
 

ジェイソンさんが大好きになったマージョリーは、いつもジェイソンさんの視界の中に入ってくるそうです(*´ェ`*)
 

sippo_cat04
 

そして2ヶ月半後。
マージョリーは、こんなに大きくなりました!
 

sippo_cat05
 

曲がったシッポはそのままですが、とても健康で、いつも幸せいっぱいです!
 

sippo_cat06
 

こうして警備員室に現れた子猫は、その愛らしい姿でジェイソンさんをとりこにしました。すっかり家族の一員になったマージョリーは、今日もジェイソンさんに甘えながら、幸せな時間を過ごしているそうです♪

(出典:Jason King)

 
エウレカ!のオススメ記事♪

わずか生後2日で保護された子猫。優しく迎えてくれたのは、まるでお母さんのような猫でした (9枚)

「ずっとそばにいるからね」病気の同居犬が心配で看病を始めた猫。その想いが届くと…

「ここはボクに任せて!」家族に迎えた保護子猫が、プロポーズのお手伝いをしてくれた ( *´艸`)♡ 7枚


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

00:27

爆笑注意!大ピンチを迎えた子猫がとっさに取る威嚇ポーズに気をつけろ(27秒)

画像

「いっしょに暮そう!」森の中から飛び出して来た子猫。膝に登って猛アピール! (6枚)

00:23

23秒のシュールな現場。そぉ〜と顔を出して、威嚇されてそぉ〜っと戻る猫(笑)

画像

「あれ? うちって猫飼ってたっけ!?」猫のいないはずの家に猫がいた瞬間15選

04:01

【感動】捨てられたシーズー親子を保護!自分より子どもを心配する母犬の姿に涙

02:20

【予想外】まだヨチヨチな仔猫2匹とネコじゃらしで遊んでたら...(ノ゚ο゚)ノオオォォ-

画像

「私が守ってあげる」衰弱した子猫に寄りそい、元気になるまで支え続けたネコの話

03:15

なんだこいつ(笑) 箱を手放したくない犬!!前が見えず、あちこちにぶつかる・・・。

^

^