もう一人じゃない。孤独に彷徨う狼犬が出会った真実のパートナー

4.0


記事提供:mofmo
 

アメリカで保護された、狼と犬の混血である狼犬「シンダー」。民家の犬とフェンス越しに戯れることで孤独を紛らわせていた彼は、保護された先で永遠のパートナーと出会います。血統のせいで微妙な事情を持つ彼の孤独を癒したパートナーとは?そのかけがえのない出会いをご覧ください。
 

保護された狼犬「シンダー」

20170219224912-v26c1
(出典:wildspiritwolfsanctuary.org)

アニマルコントロールの職員は、シンダーを初めて捕らえたとき「狼だ」と思いました。

彼の痩せた長身や硬い毛並み、丸い耳、琥珀色の瞳は、狼の特徴と一致したからです。

アメリカ アリゾナ州のフラッグスタッフあたりを、数週間うろついているのを目撃されたシンダー。

フェンス越しに民家の庭にいる犬と遊ぶ姿を目撃され、その痩せ方を気にした住人からエサをもらうこともありました。

しかし、誰も彼に触れるどころか、近付くことさえできなかったのです。

(出典:https://www.thedodo.com/wolf-dog-soul-mates-2182331180.html)

 

皆さんは、「wolf-dog(狼犬)」という存在をご存知ですか?

「シベリアン・ハスキーのことかな?」と想像する方もあるかと思いますが、狼と犬の混血のことを指す言葉です。

日本ではなかなか目にする機会もない狼犬ですが、アメリカでは時折、犬や猫と同じように保護されることがあるのです。

今回、周囲の住人の通報により保護されたシンダーも、狼の容貌を持っていました。

さらに、シンダーは過去に人との関わりがなかったせいか、非常に強い警戒心を持っていたのです。
 

20170219230506-gtqx4
(出典:wildspiritwolfsanctuary.org)
 

姿は見え、その暮らしぶりを心配されながらも、人の接近を許さないシンダー。

「狼であっても犬であっても、少しでも幸せな暮らしを送ってほしい。」

シンダーを気にかける住人たちが、自分たちでは手に負えないと判断し相談したのが、冒頭の地域の動物の管理を請け負うアニマルコントロールでした。
 

住人の通報を受け、アニマルコントロールの職員は罠をしかけたのです。

シンダーは、保護された後に「Coconino Humane Association」の運営するシェルターへ送られることとなりました。

(出典:https://www.thedodo.com/wolf-dog-soul-mates-2182331180.html)

 

アニマルコントロールは、迅速な対応でシンダー捕獲に成功します。

しかし、狼のような見た目のシンダーであるからこそ、これからが本番とも言えました。

「狼なのか、狼犬なのか、狼のように見える犬なのか」

その正体の特定から、シンダーの今後の人生を組み立てる必要があったのです。
 

狼犬の持つ微妙な事情

20170219231904-5sqj2
(出典:wildspiritwolfsanctuary.org)
 

保護された狼や狼犬については、アメリカの手続き上、複雑な事情が存在します。

シンダーが狼である可能性を踏まえて、「Fish and Game Department」が事態に介入しました。

しかしDNA検査の結果、シンダーは狼と犬の混血であり、州が介入する問題ではないことが分かりました。

(出典:https://www.thedodo.com/wolf-dog-soul-mates-2182331180.html)

 

もしシンダーが本当に狼であるならば、州の管轄において野生に返す必要がありました。

しかし、DNA鑑定により、狼犬であると判明したシンダーには、野生に返すという選択肢がありません。

それにより、彼の処遇は、より悩ましいものとなったのです。

シェルターは、シンダーを家庭で飼育することは非常に困難だと考えていました。

シンダーは、人間に恐怖を抱いていたためです。

そうは言っても、シェルターでシンダーを預かっていられる時間も、そう長くはありませんでした。

(出典:https://www.thedodo.com/wolf-dog-soul-mates-2182331180.html)

 

適切な里親を探したいけれども、それがシンダーと里親双方の幸せに繋がるかは分からない。

それに、じっくりと里親を探すための時間すら、確保することが難しい。

シンダーの今後について、シェルター職員たちは頭を悩ませていました。

そんな職員たちを尻目に、シンダーは更に彼らを困らせる事態を引き起こしてしまいます。
 

賢すぎる狼犬の抱える問題

20170219233458-2wg3z
(出典:wildspiritwolfsanctuary.org)
 

シンダーが起こした困った事態、それは「脱走」でした。

DNA検査が行われた直後、シンダーはシェルターを脱走したのです。

(出典:https://www.thedodo.com/wolf-dog-soul-mates-2182331180.html)

 

そもそも自分がなんのために捕らえられ、狭い場所に閉じ込められているのかを理解していないシンダー。
その当然の行動として、自衛のために逃げ出そうとしたのです。
 

20170220004240-cwyxg
(出典:wildspiritwolfsanctuary.org)
 

狼犬はとても賢い生き物です。

多忙なスタッフたちのわずかな隙を見つけて脱走するのは、お手のものだったでしょう。

その賢さゆえに、管理が難しい狼犬。

シンダーの扱いに手を焼いたスタッフたちは、専門機関へ協力を要請します。

シンダーを連れ戻したものの、早急により良い解決策が必要だと考えたシェルタースタッフらは、ニューメキシコの「Wild Spirit Wolf Sanctuary」に連絡を取りました。

狼や狼犬を保護している彼らで、シンダーを引き取ってもらえないかと相談したのです。

幸運にも「受け入れ可能」と回答を受けたスタッフ二人は、4時間をかけてシンダーを連れていったのでした。

(出典:https://www.thedodo.com/wolf-dog-soul-mates-2182331180.html)

 

専門機関へ送られることとなったシンダー。
その対応は、彼の人生の大きな転機となりました。
 

運命の出会い

20170219234244-mxr3a
(出典:wildspiritwolfsanctuary.org)

「Wild Spirit Wolf Sanctuary」に来て最初の7ヶ月間は、シンダーは一人で過ごしました。

その間スタッフは、シンダーと良い仲間となり得る存在を検討していました。

そして挙がったのは、ライオットという、シンダーよりも年上のメスの狼犬でした。

(出典:https://www.thedodo.com/wolf-dog-soul-mates-2182331180.html)

 

「Wild Spirit Wolf Sanctuary」で始まったシンダーの新生活。

そこでは、シンダーの人生が素晴らしいものとなるよう、慎重に暮らし方が検討されていました。

そして、彼の孤独を埋めるべく、素敵な出会いが準備されていたのです。

ライオットもまた、シンダー同様辛い過去を持つ狼犬でした。

ライオットは以前、カリフォルニア州で繁殖のため飼育されていました。

しかし、飼い主の予想以上に大きく育ってしまったライオットを持て余した飼い主が、「Wild Spirit Wolf Sanctuary」に連れてきたのです。

「ライオットとシンダーは、相性が良さそうだ。」

皆がなぜか、そう直感していたのでした。

(出典:https://www.thedodo.com/wolf-dog-soul-mates-2182331180.html)

 

20170220000330-zdh15
(出典:wildspiritwolfsanctuary.org)
 

シンダーと同じく、飼い主に捨てられるという孤独を経験していたライオット。

スタッフたちの確信にも似た想いから、シンダーとライオットは出会いました。

そして彼らは、初めて会ったその時から、お互いに特別なものを感じたのです。
 

20170220000451-537jg
(出典:wildspiritwolfsanctuary.org)

ライオットをシンダーのもとへ連れて行ったスタッフは、双方がボディランゲージを発するのを感じました。

ゲートを開くと、ライオットはシンダーの檻へと進んで入り、シンダーは彼女に興味を持って尻尾を振ったのです。

そしてその後、二人は鼻を突き合わせて挨拶をしました。

(出典:https://www.thedodo.com/wolf-dog-soul-mates-2182331180.html)

 

これまで誰とも違ったシンダーが初めて出会う、自分と近い存在。

それは、とても頼もしく、嬉しいものだったようですね。

そしてライオットもまた、きっとシンダーと同じものを求めていたのでしょう。

シンダーに心を許し、穏やかな表情を浮かべています。
 

20170219234812-fzeco
(出典:wildspiritwolfsanctuary.org)
 

心を許しあいじゃれ合うシンダーとライオットは、まるで昔からの恋人のように見えます。

二人は、お互いの孤独を癒すかけがえのない存在となったのです。

狼犬の幸せを願うスタッフたちに引き合わされた二匹。

出会いは偶然であったかもしれませんが、そこから築いた関係は、二匹が作った、二匹だけのものです。

辛く孤独な過去を乗り越え、お互いに歩み寄ることで得たかけがえのないパートナー。

彼らは、もうフェンス越しでもなく、いつでも互いに触れ合うことのできる仲間となりました。

二人はきっと、これからもその絆を強固なものとしていくことでしょう。

(出典:thedodo.com / wildspiritwolfsanctuary.org)

 
mofmoのオススメ記事♪

深い闇の中から救い出してくれた。飼い主さんを支え続ける2匹のハスキー犬の姿に胸が熱くなる。

色とりどりのお花と動物のカラフルなコラボ♪春の訪れを感じる癒し系画像19選

ヒョウ柄だけが魅力じゃない!ワイルドな見た目からは想像もつかないベンガル猫のギャップとは。


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

これで、ずっと一緒に…。この冬ほしい『ネコがお腹に入るパーカー』が大人気!!

画像

可愛いから許される!(笑)だらしなさMAXのネコ「ニャート」たち

00:07

息ぴったり!飼い主とハイタッチするねこがクールすぎる!(8秒)

画像

【爆笑】笑って癒される……! おもしろネコちゃん 画像10選

画像

【26選】いつも癒やしをありがとう!twitterで人気のあの子たち!

画像

何度見ても「犬」にしか見えない木材 12選

画像

【驚き!】母親を亡くした子熊を保護し、それ以来24年間その熊と共に暮らしてきたロシア人夫婦のお話。

05:06

涙が止まらない…安楽死寸前に救出し、恐怖に怯える犬が飼い主さんに懐くまで

^

^