あるはずのものが無い状態で生まれた子猫「オリーブ」。それでも強く生きる彼女の姿に心を打たれる。

3.5


記事提供:ペット日和
 

アメリカ・ペンシルベニア州にある動物保護施設「Philly Kitty Rescue」。
先日、この施設に特別な事情を抱えた一匹の子猫がやって来ました。
 

980x
(出典:lovemeow.com)
 

彼女の名は「オリーブ」。

写真を見ての通り、彼女は生まれつき左前脚がありません。
そして後の検査の結果、彼女の体は肋骨の大部分が無く、心臓が守られていない状態であることも判明したそうです。
 

980x (1)
(出典:lovemeow.com)
 

「私はこれまで色々な問題を抱えた猫を見てきましたが、オリーブのような子を見たのは初めてです。彼女の心臓は皮膚の真下にあり、胸部の皮膚を指で軽く触れただけでもその鼓動が伝わって来ます。」

オリーブの保護に携わったホリーさんはこう話します。
 

オリーブが見せたたくましい姿

980x (2)
(出典:lovemeow.com)
 

3本足というハンディキャップに加え、更には心臓にも問題を抱えて生まれたオリーブ。
しかし、彼女はそれでも決して弱い姿を見せず、日々を前向きに生きています。
 

980x (3)
(出典:lovemeow.com)
 

「オリーブは三本足で元気に歩き回り、私にも毎日愛嬌を振りまいてくれました。そんな彼女のたくましい姿を見て、私は何としてでも彼女を救う事を決意したのです。」

ホリーさんは言います。
 

980x (4)
(出典:lovemeow.com)
 

胸の部分にプロテクターが取り付けられた特製のセーターを着るオリーブ。
このセーターはオリーブの心臓を守るためにホリーさんが自作したそうです。
 

今後の予定

980x (5)
(出典:lovemeow.com)
 

オリーブは現在、施設でのびのびと暮らしながら人工肋骨の移植手術が受けられる日を待っています。
手術には膨大な費用が掛かりますが、ホリーさんは現在募金を通じてその手術費用を集めているそうです。
 

980x (6)
(出典:lovemeow.com)
 

「オリーブには手術を乗り越えて他の猫と同じように幸せな暮らしを送ってもらいたいと考えています。彼女が元気に走り回ったり、ジャンプしたりする姿を見られる日が待ち遠しいです。」

ホリーさんはこう話します。

 
ペット日和のオススメ記事♪

癒やされて笑える!人気の動物系画像ツイート 20選

動物好き大集合!!おもしろ&ほっこり動物ツイート30選

車の隙間に入り込み身動きが取れなくなってしまった3匹の子猫。そんな彼らを救ったのは誰かが残した1枚の”置手紙”だった。


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

猫界でも子育ては大変!ワンパク子猫に押され気味な母猫たち13選

画像

ペットを売ることを辞めたペットショップ。殺処分待ちの犬の「里親探し」を始める

00:23

【23秒】玄関を開けたら0秒で猫ちゃんのお出迎え(*´ω`*)予想を裏切る展開に萌♡

00:11

【11秒】くつろぐ猫に悲劇。ベッドの奥まで飛ぶくらい驚いた理由とは・・?

画像

障害を抱えても幸せいっぱいに生きる犬。その生き方を通して伝わる大切なメッセージが力強い。

00:24

僕のこと買って!とアピールする子猫。本日でこのお店は閉店します。つまり…

画像

緊迫した状況のはずが・・・動物写真家たちの心を和ませた動物たちの画像22枚

画像

可愛くてしょうがない♪ 猫が飼い主さんに「大好き!」を伝える13の行動

^

^