妊娠中の女性に助けてもらった保護猫。生まれてきた赤ちゃんに、たくさんの愛情を返す姿にホッとする (8枚)

3.5


記事提供:エウレカ!
 

アリッサさんが赤ちゃんを妊娠して8週間が経った時、母親のいない幼い子猫を見つけました。アリッサさんは子猫をその場に残しておくことができず、自宅へと連れて帰ったのです。
 

baby_cat01b
 

アリッサさんは子猫に『フェイス』と名づけました。最初は新しい環境に戸惑っていたフェイスでしたが、暖かい家と優しいアリッサさんに安心したようで、徐々に警戒心を解いていきました。

そして、翌日のこと。アリッサさんが目を覚ますと、フェイスの可愛い顔が目の前にあったそうです♪
 

baby_cat02
 

「私のお腹が大きくなってくると、ファイスは私と赤ちゃんを抱きしめるようになりました」とアリッサさんは言いました。
 

baby_cat03b
 

「私が妊娠合併症で寝たきりになった時、フェイスは私のそばから決して離れませんでした。その時以来、私と彼は世界で一番の友達になりました。そして、出産間近になると、彼は私の動くお腹に足をつけたり、お腹を舐めたりしてきました。」
 

baby_cat04
 

「その後、私は帝王切開で赤ちゃんを産みました。そして、出産から1週間後に帰宅すると、フェイスは私の腕にギュッと抱きついて来たのです。」
 

baby_cat05
 

その後、アリッサさんはフェイスに産まれてきた赤ちゃんを紹介しました。するとフェイスは赤ちゃんのことが大好きになり、赤ちゃんのそばから離れなくなったのです。
 

baby_cat06
 

アリッサさんがフェイスの姿を見かけなくなった時は、決まってベビーベッドのそばにいました。
 

baby_cat07
 

もちろん赤ちゃんが大きくなっても、フェイスの愛情は変わりません。まるでお兄ちゃんのように、いつも赤ちゃんを見守り続けているのです♪
 

baby_cat08
 

こうして幼い頃に保護されたフェイスは、アリッサさんのおかげで命をつなぎ、大きく成長することができました。どうやらフェイスはその時にもらった愛情を、産まれてきた赤ちゃんにたっぷりと返しているようです♪

(出典:imgur.com)

 
エウレカ!のオススメ記事♪

保護施設で猫達と共に育てられたキツネ。野生に帰ってからも、夕食は大好きな猫達といつも一緒 (*´ω`*)♪ 6枚

後ろ足を麻痺しながらも元気に生きる子猫。自分と同じ境遇の子猫を、ぎゅっと抱きしめて癒し続ける (8枚)

子猫に初めて出会った退役軍犬。その愛らしい姿に一目惚れして、驚くほどメロメロに ( *´艸`)♡


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

04:10

【よく頑張った!】凍った川で悲鳴をあげながらも救助されるまで耐えたワンコ

01:11

ソファーでお腹丸出し、無防備な姿で寝るネコ(-_-)zzz

画像

完全に確信犯!だけど可愛くて怒れないジャマネコさん16選

01:45

【貴重】成長の証!ネコさんの『乳歯』が抜けた決定的瞬間Σ(●゚д゚●)!!

画像

【27連発】植木鉢で昼寝する猫のフィット感がヤバい

00:36

【嬉しさ爆発】「パパ帰ってきた〜!」大はしゃぎする赤ちゃんと犬がカワイイ

01:16

大きすぎる愛情♡ご主人様が好きすぎて離してくれない大型犬 (∪・ω・)!!

02:22

【ニャンコの悩み】顔を撫で回すしっぽが気になりすぎて全く眠れないニャンコが可愛すぎる(笑)

^

^