道路の真ん中でうずくまっていた小さな子猫。でもそれは普通の子猫ではありませんでした! (8枚)

3.5


記事提供:エウレカ!
 

ある日、タイに住む家族が道路の真ん中で、母親のいない小さな子猫を保護しました。まだ生まれて数時間ほどしか経っていなかった子猫は、普通の子猫とは少し違っていました。
 

tiny_cat01
 

連絡を受けた保護団体のスタッフが子猫を引き取りに来ると、その子猫がイエネコより一回り大きな『スナドリネコ』の子猫だと分かったのです。
 

tiny_cat02b
 

実は今から数年前のこと。子猫が見つかった場所の近くで、スナドリネコが保護されました。そのスナドリネコは人の手で育てられ野生に返されたそうですが、どうやらその時のスナドリネコがこの子の母親だったようです。

母親は時々、育ててくれた人の家に帰ることがあり、子猫が発見される前の日も家を訪ねてきたそうです。きっと子猫は母親に運ばれている最中に、何らかの理由で路上に取り残されてしまったのでしょう。
 

tiny_cat03
 

子猫を保護した家族は母親が帰ってくるのを待ちましたが、いくら待っても母親が姿を現さなかったため、保護団体に助けを求めたそうです。

保護団体のスタッフが現場に着いた時、子猫は寒さに震え、お腹を空かせていました。スタッフは子猫をタオルで包むと、腕の中で温めながら野生動物病院へと急ぎました。
 

tiny_cat04
 

スナドリネコは東南アジアに生息する猫の一種です。水の中に入って魚をとるため、「漁をする」という意味の「漁(すなど)る」から名前がつけられました。ちなみに英語名は『フィッシングキャット』です。
 

tiny_cat05
 

残念なことに、人間の移住などによってスナドリネコの住処となる湿地が減り、個体数はこの数十年で大幅に減少しているそうです。
 

tiny_cat06
 

スタッフは保護したスナドリネコの子猫に『シンバ』と名づけました。
 

tiny_cat07
 

シンバはこれから保護施設で育てられ、成長したら野生に帰されます。その時のシンバは、きっとこんなに立派な姿になっていることでしょう!
 

tiny_cat08
 

こうして道路で丸くなっていたシンバは、人々の優しさで命を繋ぐことができました。施設のスタッフは、シンバが立派なスナドリネコに成長することを願いながら、毎日たくさんの愛情を注いでいるそうです。

(出典:facebook.com)

 
エウレカ!のオススメ記事♪

上手く歩くことができず、家族とはぐれてしまった子猫。保護施設で成長すると… みんなに愛されるお父さんに! (8枚)

紙袋の中で目をクリクリさせながら遊ぶ猫。元気いっぱいの姿が可愛すぎる (〃∇〃)♡

幼い頃に保護施設で病気を治してもらった猫。施設に残り、弱った動物達を励まし続ける癒しの存在に! (8枚)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

02:00

賢すぎる!見よう見まねで飼い主のトレーニングに参加するワンちゃん

02:30

わちゃ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノわちゃ。ゴールデンの子犬軍団の食事はお祭り騒ぎ(笑)

画像

【虐待を受けて傷ついた犬】傷ついたわんこに寄り添う「仲間」の写真が訴えかけるものとは。

00:36

お風呂で何してるの?こっそりの盗撮に気づいた猫が焦ってかわいい反応(36秒)

画像

「キミたち絶対クマの血が混ざってるよね」って感じの犬たち12選

画像

トラックにしがみついてきた子猫。家に連れて帰ると、幸せいっぱいの姿を見せてくれた♪ (5枚)

02:25

【栄養ドリンクの箱を開けたら…】ドラクエ風のニャンコが可愛すぎる♪

画像

【犬好き必見!】かわいすぎる豆柴の画像15選を大特集♡

^

^