「この人達はボクを傷つけないんだ」闘犬として飼われてきたピットブルが初めて人の愛に触れ、心を開いた瞬間。

3.0


記事提供:ペット日和
 

old-photos-vintage-war-couples-love-romance17
(出典:boredpanda.com)
 

今年の初め、アメリカ・サウスカロライナ州の森の中で一匹のピットブルが保護されました。
「ランボー」と名付けられたそのピットブルは、発見した時には体中が傷だらけでした。
どうやら、彼はそれまで違法な闘犬場で闘犬として飼われてきたようです。
 

old-photos-vintage-war-couples-love-romance28
(出典:boredpanda.com)
 

ランボーは全身が傷だらけでしたが、中でも後ろ足に負った傷は深く、その後手術によって切断されることとなりました。
そんな体になりながらも、ランボーは生きたいという一心で必死に闘犬場から逃げ出してきたのかもしれません。
 

ランボーに訪れた幸せ

6413_14787562813895
(出典:boredpanda.com)
 

ランボーの治療を担当した獣医師は、ランボーの傷が癒えるまでの間、彼をワゴンに乗せて毎日外を散歩させました。
すると、ランボーはワゴンでの移動が気に入ったようで、次第に嬉しそうな表情を見せるようになったそうです。
 

old-photos-vintage-war-couples-love-romance13
(出典:boredpanda.com)
 

手術から数日後、幸運なことに、ランボーには里親も見つかりました。
里親となった方は、ランボーに治療を受けさせながら精一杯愛情を注いだそうです。
 

old-photos-vintage-war-couples-love-romance18
(出典:boredpanda.com)
 

保護された時は怯えていたランボーですが、彼は少しずつ病院のスタッフや里親に心を開き始め、ある時から尻尾を大きく振っては喜びを表現するようにもなりました。
 

old-photos-vintage-war-couples-love-romance35
(出典:boredpanda.com)
 

「この人たちはボクの事を傷つけないんだ。」
周りの人々の優しさに触れたランボーは、生まれて初めて愛というものを知ったようです。
 

その後・・・

old-photos-vintage-war-couples-love-romance40
(出典:boredpanda.com)
 

その後も順調に回復を遂げていったランボーは、現在は車いすが無くても自由に歩けるようになる事を願ってリハビリに励んでいるそうです。
近い将来、外を駆け回るランボーの姿が見られるようになるかもしれません。
 

old-photos-vintage-war-couples-love-romance2
(出典:boredpanda.com)
 

闘犬場に居た頃は辛い日々を送っていたランボーですが、今は素敵な家族に囲まれて幸せそうです。

そんなランボーには、これからもハンディキャップに負けず、新しい家族のもとでの第二の人生を精一杯楽しんでもらいたいと思います。

 
ペット日和のオススメ記事♪

とっても癒されて笑える!!ネットで話題になったおもしろ動物たち大集合(30枚)

【驚き】とある一家が一艘のボートを購入したところ・・・その中には身を寄せ合う2匹の子猫の姿が!

【キュン死注意】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像(25枚)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

でろーーーん。やる気ゼロな犬たち( ̄  ̄)

画像

保護されてすぐに7匹の子猫を産んだ母猫。子育て熱心な犬のお父さんに大助かり! (9枚)

画像

保護したネコが『アウトドア派』だった結果...人生がとっても豊かになった!! (10枚)

画像

飼い主が歌う「幸せなら手をたたこう」に合いの手を入れるカワイイ猫(*´艸`*)

00:16

「クシュン!!」アライグマの前でくしゃみをしたら、とっても優しかった!(16秒)

00:28

ワンコを触るか迷っていると犬から歩み寄りペロペロ♡最後の赤ちゃんも可愛い

00:40

お互いを必要としている大親友(ノ´∀`*) つらい過去を背負うふたりの友情に涙。

画像

『ぼ、ぼくじゃないよ』99%何かをやらかしたであろう犬たちのかわいすぎる表情

^

^