涙がとまらない。もうすぐ死ぬのを悟った犬が、ご主人に感謝を伝えるために…

3.0

ずっと一緒にすごしてきた家族とのお別れはつらく悲しいものです。しかし、生きるものはいつかは亡くなります。

12321699_10154193263409369_6746444250952079196_n

こちらのワンコは、「ブッバ」という名前のピットブルで、14歳。 約1年前から前立腺ガンを抱え、直腸にポリープができていました。 14歳という老体で、必死に病気と闘ってきたのです。

もう長くはないと思った飼い主のジェームズさんは、14年間一緒にすごしてきたブッバと、最期の動画をとることにしました。

 

Compassion for your dog is such a sharp razors edge. When they get old and start to break down and suffer, It is so hard to make that decision to end that suffering. We find ourselves hanging on to any tiny sign of them being being ok, or better. We know it's denial, but it's so hard to call it what it is. It comes down to pure selfishness in the end, You not wanting to let them go. Seeing them in oblivious pain is just as hard as seeing their tail still wagging and light still in their eyes. Holding them in your arms and feeling their struggle and pain come to an end. That is the real lesson in showing compassion for your best friend.

#jessejames

West Coast Choppersさんの投稿 2016年6月15日

 

ジェームズさんが弱々しく横たわるブッバのとなりに座り、カメラを回しはじめると・・・

自分がもう少しで死ぬのを悟っているのか、力なく横たわっていたブッバが、最期の力をふり絞ってジェームズさんにキスしたのです。

160629-0012
 

その姿は、「今までありがとう。楽しい14年間を過ごせたよ。さようなら。」とジェームズさんに感謝の気持ちを伝えているように見えます。

この動画の数日後に亡くなってしまい、虹の橋を渡ってしまったブッバ。愛犬とのお別れはつらく悲しいものですが、最期を看取ってもらえたブッバはとっても幸せな14年間をすごせたと思います。

 
 

日に日に衰えていくペットを見るのはつらいし、とくに病気で苦しんでいる姿は見たくないと思うかもしれません。 でも、最期の最期まで可愛がってください。ジェームズさんがブッバのそばにいてあげたように・・・


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

きっと誰かに教えたくなる(*´▽`*)ネコに関する名言・迷言 【20個】

03:21

立ってられないほど泣き崩れる女性。愛犬が行った感動のサプライズとは。

画像

工場の機械で大ケガした子猫を発見!⇒みんなで懸命に手当てした結果 写真11枚

画像

ジョギング中に迷子の猫とバッタリ遭遇! 首輪についたタグのメッセージにビックリ! (4枚)

画像

【許せない】ガレージの木箱に1年以上閉じ込められ、痛々しい姿となったブルドッグを保護。

00:52

夢中になりすぎ(笑) うさぎの耳が大好きでひたすらハムハムする子猫。

画像

この差は一体何だろう?!(笑) 段差を必死に這い上がる兄犬と要領よく登る妹犬!!

00:56

かわいすぎ!ご飯をもらう子猫が、お腹ペコペコすぎて最後の1本を・・・(ノ´∀`*)

^

^