人によって傷つけられていた火傷だらけの犬。今度は人の手によって美しい姿へと戻る。

4.0


記事提供:ペット日和
 

ある一枚の画像

160427-0009

こちらを振り返っているのは、目を覆いたくなるような状態の一匹の犬です。
実はこの写真は、ある男性がSNSにアップしたことで広く知られることとなった画像なのです。
 

保護され「パンプキン」と名付けられる

160427-0010

このことを知ったある保護団体は、すぐにこの犬の保護へと向かいました。
ハロウィーンの時期に保護されたこの犬は、「パンプキン」と名付けられました。
 

パンプキンには一匹の子どもが

160427-0011

なんとパンプキンには、かわいらしい一匹の子どもがいました。
まだ目も開いていないような小さな小さな子犬です。
この子も、パンプキン同様に衛生状態がよくなく、予断を許さない状態でした。

160427-0012

調べていくうちに、パンプキンの全身の火傷は化学薬品によるものだということがわかりました。
また、BB弾によって打たれた痕も発見されました。
許しがたいことに、パンプキンは人の手によってこのような姿にされていたのです。

160427-0013

献身的な治療の甲斐もあって、二匹の状態は徐々に安定していきました。
しかし必死の治療も実らず、子犬はその命を落としてしまいました。
非常に悲しいことですが、最期に人の愛情に触れながら天国へと旅立っていきました。
 

新しい家族のもとへ

160427-0014

子犬の分まで生きようとするかのように、パンプキンは元気を取り戻していきます。
元気になったパンプキンは、新たな家族に引き取られることが決定します。
 

160427-0017

こちらの写真は、保護されてから6週間後のパンプキンです。
すっかり元気になり、本来の美しさを取り戻しました。
心なしか目にも輝きが戻ったように見えます。
 

160427-0019

こちらは新しいお家でのワンシーンです。

3匹で仲良く寝ています。実はこの3匹には共通点があります。
それは、すべて保護されてきたワンちゃんだということです。
お互いが痛みをわかちあっているからこそ、尊重しあえているのかもしれません。
 

160427-0020

パンプキンは、こんなにかわいいネームタグも作ってもらいました。この一枚の写真からも、どれだけ愛されているかが伝わってきます。

かつては人に傷つけられたパンプキンですが、今は人によって強く守られています。
せめて私たちは、その痛みだけでも理解する必要があると思います。
パンプキンにはずっと幸せであってほしいと願います。
 


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=lT1t9_rTQl4)
 
ペット日和のオススメ記事♪

【どや、治ったか?】おもしろくてかわいい動物たち厳選画像 30選

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで話題になったおもしろネコ画像20選

【自由だぁ〜】疲れが吹っ飛んだ… ネットで話題の『自由すぎる天然な動物』 20枚


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

01:16

猫のエサを盗みにきたアライグマ。最後の動きがずうずうしくて爆笑間違いなし

04:09

音楽教室で育ち、いつの間にかピアノが大好きになった猫。夢中でピアノを弾き続ける姿が可愛すぎる (〃∇〃)!

画像

ネコが後悔した瞬間17選

画像

漂うラスボス感! 怒ってないのに常にメンチ切っている強面猫の小雪ちゃん

00:50

『ホラー映画』を見るワンコ。どうやら怖かったみたいで、こうなった…(笑)

01:12

【変な鳴き声】大嫌いなブラッシング本当にするの?とカメラに主張するワンコ

00:26

ボクシング中継見てたら、いきなり猫パンチの練習を始めるネコ(26秒)

00:18

「ねぇねぇ」『・・・』めんどうだから無視したらいきなりキレた(18秒)

^

^