「見捨てることはできなかった」旅行先で出会ったボロボロの野良犬を家族に迎えた女性の話。

3.5


記事提供:ペット日和
 

tmg-article_tall
(出典:thedodo.com)
 

オランダ在住のキアラさんは、昨年家族と共にギリシャのクレタ島を訪れ、そこで痛々しい姿をした1匹の野良犬に出会いました。
話によると、その犬は当時下半身が麻痺しており、歩くことすらままならない状態だったそうです。
 

犬の事が頭から離れず…

tmg-article_tall (1)
(出典:thedodo.com)
 

キアラさんは一度その場を離れましたが、その後もボロボロになった犬の姿を忘れることができませんでした。
そこで、彼女は次の日も、そのまた次の日も犬のもとを訪れ、最終的には犬を地元の動物保護施設へと連れて行ったそうです。
 

検査の結果…

tmg-article_tall (2)
(出典:thedodo.com)
 

施設での検査の結果、犬は脊椎が折れた状態である事、そしてその原因が何者かによって受けた暴行が原因である可能性が高い事が判明しました。
 

tmg-article_tall (3)
(出典:thedodo.com)
 

「この子は私が救って見せる」
そう決心したキアラさんは自費で犬に治療と手術を受けさせ、その後は犬をオランダにある自宅へと連れて帰ったそうです。
 

現在

tmg-article_tall (4)
(出典:thedodo.com)
 

キアラさんによって「フォス」と名付けられた犬は、その後順調に回復を遂げ、現在は温かいお家でのびのびと暮らしているそうです。

「フォスは治療やリハビリのおかげで回復を遂げ、今では自分の足で歩けるようになりました。しかし、心に負った傷やトラウマは癒えておらず、彼は今も男性や猫を見ると怯えた素振りをみせます。」
 

幸せを願って

tmg-article_tall (5)
(出典:thedodo.com)
 

過去には人間のせいで地獄のような苦しみを味わたフォス。
しかし、優しい心を持ったキアラさんが側にいる今、彼の未来は幸福と希望で満ち溢れていることでしょう。

心の傷が癒える事は無いかもしれませんが、彼がこの先過去を忘れられるほど幸せな暮らしを送ることを願わずにはいられません。

 
ペット日和のオススメ記事♪

4本全ての脚に障害を持って生まれながらも前向きに生き続けた子猫。その勇敢な姿はある日一人の女性の目に留まり…

ランニング中に子猫を発見した男性。その時、彼は子猫を保護するだけでは満足せず…。

見なきゃ損!ツイッターで盛り上がった動物たち 25選


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

迫り来る歯ブラシに覚悟を決める猫。そして、カキカキされると… ( *´艸`)♡ 4枚

00:13

【13秒の早技】ケージで布団にくるまって眠るまでを一瞬で行うワンコ。

画像

すっぽり収まっちゃった! 小さくてせまいところに、かわいいねこちゃん 画像9選

04:26

【驚愕】まさかの共犯!隠し撮りしたら犬とオウムが協同して盗み食いしてた。

画像

「我が家に猫がやって来た!」ネコと暮らすと直面する30の現実

00:54

【萌え♡】小さな段差に苦戦するポメラニアンの子犬がカワイすぎる(*´ω`*)

00:39

全然飲めてない…。頭で受けて滴る水を不器用に飲むネコが発見される(39秒)

00:37

本気パンチを連発する猫。一方ワンコは無抵抗でひたすら殴られる・・・(37秒)

02:41

【奇跡】こども達が雪のなかで見つけた心肺停止の子猫。もうダメかと思ったら..

00:35

子猫を拾ったが大型犬がいて飼えないので一晩だけ。のつもりが、翌日になると..

編集部おすすめの動画

つぶらな瞳に癒されて・・・って、これ中におじさん入ってるだろ(14秒)

【驚き】まるで親子のようにそっくりな「飼い主さん」と「ペット」 写真7選

「面倒はボクが見るから大丈夫!」チワワが連れて来た生後1週間の子猫を保護すると… (7枚)

^

^