【2匹の運命は?】殺処分直前の犬の写真が公開され、その結果が話題に!

5.0


記事提供:mofmo
 

殺処分直前の動物たちはいったいどんな気持ちでその瞬間を迎えるのでしょうか。 今回は、たった1枚で全米を揺るがしたある写真をご紹介します。この写真を見てもまだペットを捨てようと思う人がいるでしょうか。身勝手にペットを捨てたり虐めたりする人がいなくなることを願わずには入れません。
 

犬や猫を、殺処分から保護することを目的としたNPO団体、Angels Among Us Pet Rescue。
この団体がFacebookに投稿したある一枚の写真が、全米で反響を呼びました。
 

檻の中で抱き合う二匹

20160304174904-cqtdk_195
(出典:facebook.com)

その写真がコチラです。
保健所で撮影された、殺処分直前の二匹の犬。
 

この写真とともに投稿された文が以下になります(原文は英語)。

ぼくはカラ。そしてこっちはケイラ。いまとても怖くて怯えてます。
保健所で働いている人たちが、今日が最期の日だって言うんです。もし誰も引き取り手がいなければ、ぼくたちは殺されてしまいます…。

ケイラは黒色に白が混じった毛色。彼女は何があっても大丈夫だよと、勇気づけてくれます。もっと勇気を出して、と言ってくれるんだけどできるかどうか分かりません。
ケイラも、これから僕らにどんな運命が待っているか知っています。僕が彼女を抱きしめた時に、鼓動が早くなるのを感じました。もし誰も助けてくれずに彼女が死んでしまったら、ぼくは泣いてしまうでしょう。

ぼくたちは支えあってきました。
でも誰も助けてくれなかったら、それも終わってしまいます…

 

投稿から2時間6分後、奇跡が!!

20160324110447-uk2zi_172
(出典:facebook.com)

なんと、同団体の投稿を見た1人の男性によって保護されました!
しかも、2匹一緒に!

右の写真からは
新しい飼い主さんに抱っこされ、とっても嬉しそうなのが伝わってきます。
 

SNSの力で助けられた2匹

全米で反響を呼んだその投稿はなんと、15,000シェア。
現代の新しい動物保護の方法と言っても過言ではないでしょう。

Facebook上ではAngels Among Us Pet Rescueに対し、2匹を救ったことへの感謝のメッセージが多数届いたということです。
 

最後に

なんの罪もないのに人間の身勝手のせいで殺されてしまう動物は、たくさんいます。
かわいそうな動物たちのためにも、身勝手を戒めなければなりませんね。
このような保護団体や保健所から保護するというのも、1つの大事な手段と言えるでしょう。

Angels Among Us Pet RescueのFacebookページ

 
mofmoのオススメ記事♪

シンクロ率120%超えのにゃんこ?!息がぴったりで気持ちよくなる(=^・^=)♫

ギネス公認!!!世界最小の犬!彼女の名はヘブン・セント・ブランディ☆★☆

トリマーの協力で保護犬たちが生まれ変わる!!!綺麗になって犬も大喜び!(画像9枚)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

猫と犬を一緒にしてはいけない15の理由

画像

こんなところがとっても可愛い! 思わずニヤニヤしちゃう『猫の魅力』19選

00:49

怖いけど取り返したい!!猫からおもちゃを返してもらうため犬が取った行動とは..?

画像

【勇姿】自然災害の被害者は人間だけじゃない!動物のために立ち上がった人々。

01:56

扇風機で目が回ると思いきや、首が回ってしまうネコ先輩!?

02:42

幸せの光景!赤ちゃん大好きなゴリラと子猫の仲睦まじい姿に心が温まる

00:43

留守番中に鳴った電話。戸惑いながらもまさかの行動に出たネコちゃん(43秒)

01:00

名前を呼んでも全然帰ってこない柴犬に「バイバイ」と言ってみたら・・・(60秒)

^

^