心臓病で余命6ヶ月と宣告された子猫。1年後の幸せそうな姿に胸が熱くなる… (9枚)

4.0


記事提供:エウレカ!
 

子猫の『ミリー』は、ファロー四徴症という心臓病を持って生まれました。この病気は、発作が起きると全身がけいれんし、その状態が長く続くと死んでしまうこともあります。そのため、獣医さんには「長くても半年の命」と宣告されたのです。
 

sinzou_cat01
 

ミリーは発作が起きなければ、普通の子猫と変わらないくらい元気に遊びます。
 

sinzou_cat02
 

ご飯だってモリモリ食べます。
 

sinzou_cat05
 

でもミリーは次第に息を切らせることが多くなったのです。しかし、ミリーは乗り越えました。そして、ついに余命宣告された6ヶ月を過ぎたのです。
 

sinzou_cat06

sinzou_cat07
 

宣告された期間を過ぎてホッとしたのもつかの間、ミリーは毎日のように激しい発作に襲われるようになりました。飼い主さんは、フラフラの状態で息を切らせるミリーの口に水を流し込み、一晩中看病を続けました。

そんな危険な状態が3週間も続いたのです。
 

sinzou_cat10
 

しかし、ミリーは耐えました。

3週間を過ぎた頃から、じょじょに容態が安定してきたのです。
 

sinzou_cat11
 

同居している猫達はずっとミリーのこと心配していました。弱々しいミリーに寄り添って、優しく看病をしてくれたのです。
 

sinzou_cat12
 

そして、ついに1年が過ぎました。

半年の命と言われたミリーは、危ない時期を何度も乗り越え、今も元気に生きています。
 

sinzou_cat13
 

飼い主さんや同居猫の献身的な看病、そしてミリーの「生きたい」という気持ちがここまで命を繋いできました。幸いなことに、現在は体調がとても安定しているそうです。いつまた発作がくるかは分かりませんが、これから先もずっと、ミリー思いの優しい家族が精一杯支え続けてくれることでしょう。

(出典:imgur.com)

 
エウレカ!のオススメ記事♪

「え? いつの間に!?」子猫ちゃんの ”3週間前” と ”現在” の階段登りが違いすぎる (゚Д゚;)!

子猫ちゃんと「コチョコチョパ!」していたら… 予想外の反応が返ってきた (*´﹃`*)♡

大好きなご主人とお別れした21歳の老猫姉妹。里親さんの優しさに、次第に心がとけていき… (6枚)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

00:40

【ほのぼの】俺を布団にしていいから、暴れないでもう少し寝かせて!(40秒)

02:55

「ほら、こうやって飲むのよ」母猫に水の飲み方を教えてもらう子猫ちゃん。でも、上手く飲めなくて… ( *´艸`)♡

画像

洗濯、お掃除、お買い物。もしネコが忙しい主婦だったら(画像11枚)

画像

暗い夜道で野良猫と遭遇! 手持ちのネコ缶をあげると… 素敵なお礼をしてくれた♪ (7枚)

02:33

改札の上でのんびり昼寝する猫に対し、電車を利用するお客のとる対応が120点

01:51

洗濯機の上から意地でもどかないネコと洗濯物を取り出すお母さんの戦い(笑)!!

01:06

「僕のだけどあげるね♪」仲良しなネコにパンをおすそ分けする優しい赤ちゃん♡

画像

「助けてくれてありがとう!」車にバンダナを踏まれて動けなくなっていた子猫。優しい男性に救われると… (4枚)

^

^