茂みの中から聞こえてきたニャアニャアという鳴き声。助けを求めて・・・

3.5


記事提供:ペット日和
 

五か月前、ロサンゼルスに住んでいる女の子が裏庭で子猫を見つけました。弱々しい声で鳴き、やせ細ってがりがりでした。さらに体中にノミがついていて、目を開くことすら難しいほど衰弱していました。
 

980x
(出典:lovemeow.com)
 

近くに母猫は見当たらなかったので、女の子は弱った子猫を助けるために、レスキューや里親活動をしているサンドラ・リーさんに知らせました。

「子猫はひどい脱水状態で、骨が浮き出て見えるほどガリガリでした。すぐに保護したものの、命が助かるかどうかは定かではありませんでした。」とサンドラさんは話します。
 

980x (1)
(出典:lovemeow.com)
 

その後サンドラさんは子猫を連れて獣医のところに向かい、消化器官に問題があることがわかりました。飢えのあまり、外にあるものを何でも口にしていたせいです。

「獣医は、このような状態の猫を今までに見たことがないと言っていました。自分で排泄することもできず、体中に溜まった毒素に苦しんでいました。」
 

980x (2)
(出典:lovemeow.com)
 

リビーと名付けられた幼い子猫は、それからしばらく病院通いが続きました。レスキューから4日後、脱水症状は改善され、自分で食べることができるようになりました。しかし依然として自力で排泄することはできませんでした。

「私は『ヘルプ・リビー』募金を始め、リビーの世話のためのお金を集めました」
 

980x (3)
(出典:lovemeow.com)
 

3週間、サンドラさんは眠る間もなく看護し続けました。その甲斐あって、リビーはやっと自分でうんちができるようになったのです!

「そのときは本当に感動して泣いてしまいました!」
 

980x (4)
(出典:lovemeow.com)
 

「あの日に保護されなければそのまま死んでしまっていたかもしれません。もしくは、特別なケアが必要なためシェルターに移される可能性もありました。

リビーは重い症状を抱えながらも一生懸命努力し、見事生き抜くことができたのです」
 

980x (5)
(出典:lovemeow.com)
 

それからは順調に回復していきました。

「リビーは強い個性のある猫で、ちょっと走るのが遅いです。大きな音でのどをゴロゴロ鳴らし、とても愛らしいです」
 

980x (6)
(出典:lovemeow.com)
 

5か月経ち、すっかり健康で遊ぶのが大好きな猫に成長しました。

準備が整ったので飼い主探しを始めると、すぐにすばらしい家族が名乗り出てくれました。
 

980x (7)
(出典:lovemeow.com)
 

「その家族は昨年12才の猫を亡くしたばかりで、リビーはその仔にそっくりだそうです。リビーは家族にたくさんの笑顔と癒しをもたらしているみたいです」

リビーは今日も得意げにのどを鳴らし、新しい家を探検しまわって楽しんでいます。
 

980x (8)
(出典:lovemeow.com)

 
ペット日和のオススメ記事♪

猫が猫を救う?保護先で出会った猫の親子に救われた「コルビー」君のお話がこちら。

ヘアサロンの助手を4年間務め続ける猫。休むことなく、重要な任務をこなし…

茂みの中で鳴いていた子猫、保護された瞬間喜びが爆発し…


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

03:18

『子犬工場』から救出!抱きしめられたチワワの表情の変化に涙がとまらない!

画像

【5枚】どんなおもちゃも壊す子イヌが、唯一大切にした『ある物』とは…?

00:12

【12秒】子ネコがお披露目する一発芸『手をあげろ!』が可愛すぎて悶絶♡

画像

【ボクらの縄張りにゃ〜】コンビニ前を占拠する「ニャンキー」とは?

01:12

赤ちゃんに歩き方を教えるネコ!?ほっこり癒される動画です(*´∀`*)

00:15

【恐怖!】「だるまさんが転んだ」の歴史で最も速く近づいてくる猫

01:14

【超絶癒し】床の上を這って進む子猫。頑張りすぎて疲れて寝ちゃう姿が天使♡

00:08

【8秒】雪の上を慎重に歩くネコさん。そこへやってきた犬が最悪のイタズラを…

^

^