ボロボロの状態で保護され「殺処分リスト」に載せられた猫。その後の運命は…?

3.5


記事提供:ペット日和
 

カナダ・モントリオールを拠点に活動する動物愛護団体「Chatons Orphelins Montréal」。
彼らは今から5か月ほど前、地元のシェルターで保護されていた1匹の猫を引き取りました。
 

980x
(出典:lovemeow.com)
 

こちらがその猫、「スノーホワイト」(推定2歳)です。
 

980x (1)
(出典:lovemeow.com)
 

スノーホワイトは高速道路の脇で発見されたそうですが、シェルターで保護された時には既にボロボロの状態でした。
もしも動物愛護団体の方々が手を差し伸べていなければ、彼女は”殺処分”されるという悲しい運命を辿っていたかもしれません。
 

治療の結果…

980x (2)
(出典:lovemeow.com)
 

こちらはスノーホワイトがシェルターから引き取られた日に撮影された写真です。
 

980x (3)
(出典:lovemeow.com)
 

ご覧の通り、スノーホワイトは当時栄養失調によりガリガリにやせ細り、両目は重度の感染症を引き起こしている状態でした。
 

980x (4)
(出典:lovemeow.com)
 

しかし、動物病院で治療を受けた彼女は日に日に回復し…
 

980x (5)
(出典:lovemeow.com)
 

保護から1か月後にはご覧の通り♪
一回り大きくなった体からは新しい毛が生え初め、両目にも光が戻りました。
 

980x (6)
(出典:lovemeow.com)
 

「スノーホワイトは治療の結果順調に回復を遂げ、保護から1か月後には見違えるほどたくましくて自信に満ち溢れた猫へと生まれ変わりました。そして何よりも嬉しいことに、彼女は回復と共に自分の殻を打ち破り、積極的に私たちに甘えるようになったんですよ。」
動物愛護団体はこうコメントしています。
 

里親のお迎えを待っています♪

980x (7)
(出典:lovemeow.com)
 

話によると、現在スノーホワイトは預かりボランティアのもとでのびのびと暮らしているそうです。
 

980x (8)
(出典:lovemeow.com)
 

しかし、彼女が本当の幸せを手に入れる為には”家族”の存在が欠かせません。
動物愛護団体の方々はスノーホワイトが一日でも早く素敵な里親に巡り合えるよう、現在も里親探しに励んでいます。
 

980x (9)
(出典:lovemeow.com)
 

奇跡の回復を遂げ、幸せへの第一歩を踏み出したスノーホワイト。
彼女がこの先素敵な里親に引き取られ、一日でも早く幸せな猫生を歩み始められるよう願わずにはいられません。

 
ペット日和のオススメ記事♪

【盗難の現場?】話題の笑える動物の画像ツイート

あぁイケマセン! 困り顔が果てしなく可愛いニャンコたち 20枚

人気を集めたかわいいどうぶつツイート23選


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

飼い主さんラブ!とっても大きいのにとっても甘えん坊な超大型犬6匹

00:26

雨の中、警察官に救われた子猫。新しい家で運命の出会いが待っていた (4枚)

00:52

【愛犬が喋った(*゚0゚)!?】飼い主さんも予想外の展開に驚きと喜びが隠せない♡

01:28

病気で失明してしまった犬のため飼い主が発明した『天使のリング』とは…?

画像

何度見ても「犬」にしか見えない木材 12選

画像

「ずっといっしょだよ。」 キツネと猫が力を合わせて生きる姿に胸が熱くなる (写真9枚)

画像

猫があきらめた20の瞬間

01:57

無邪気すぎ!ドアストップと必死に戦う子イヌの可愛さが悶絶レベル!(*´ω`*)

^

^