生活のほとんどを狭いキャリーの中で過ごしてきた猫。愛情を求め…

3.5


記事提供:ペット日和
 

2才の猫サムエルは、飼い主にネグレクトされずっとキャリーの中で生き、ひどい状態でいるところを救出されました。
 

980x
(出典:lovemeow.com)
 

シェルターでは一定期間を過ぎたら安楽死させられます。ぎりぎりのところで猫レスキュー『Save A Purrfect Cat Rescue』がサムエルを保護し、インターネットで公開された写真を見た獣医助手のレスリー・レインズさんがサムエルの里親になることを決めました。
 

980x (1)
(出典:lovemeow.com)
 

極めて体重が軽く、貧血と皮膚病を患い、片方の目の角膜に潰瘍がありました。さらに歯も悪く、腎臓と肝臓の機能低下、FIV(猫後天性免疫不全症候群)の陽性も出ました。
 

980x (2)
(出典:lovemeow.com)
 

「獣医助手とレスキュー活動の長年の経験から、たくさんの厳しい症状があることはすぐにわかりました。でもこの子は大丈夫、きっと元気になれると思っていました」とレスリーさんは言います。

サムエルの治療費は『Save A Purrfect Cat Rescue』が負担してくれることになりました。治療の効果は着実に出て、体重が増え始めました。
皮膚の処置がある程度終わった後、レスリーさんが家に連れ帰ってケアを始めました。
 

980x (3)
(出典:lovemeow.com)
 

様々な困難がありましたが、サムエルは決してあきらめることなく闘い続けました。
 

980x (4)
(出典:lovemeow.com)
 

数か月の間、サムエルは自分の姿や影を窓の反射などで見ることをとてもこわがっていました。また、ソファやベッドなど、それまで見たことのないものに触れるのも嫌がりました。

長い間、狭いキャリーの中に放置されていた経験がトラウマとなっていて、もう一度歩き、人を信頼し、他の猫をこわがらない訓練をしなければなりませんでした。しかし、レスリーさんが常にたっぷり愛情を注いでくれたおかげで、少しずついろいろなことに慣れていきました。
 

980x (5)
(出典:lovemeow.com)
 

レスリーさんの家には他のレスキュー猫たちもいて、サークルで仕切ってあります。サムエルはサークルの隣に座り、他の猫たちに語りかけていました。

抱っこにもだいぶ慣れたようです。
 

980x (6)
(出典:lovemeow.com)
 

飼い主を募集する準備ができましたが、サムエルは見に来てくれる人と会うたびこわがっていました。
しかしある日、一人の男性がやってきたときの反応は違いました。

穏やかで静かなブライアンさん。優しくなでられ、心を開いたのか、サムエルは自分からブライアンさんのほうに歩いて近づいていきました。
 

980x (7)
(出典:lovemeow.com)
 

ブライアンさんはサムエルを見て、かつてガンで死んでしまった猫のことを思い出しました。
ふたりはすぐに心が通じ合ったかのようでした。
 

980x (8)
(出典:lovemeow.com)
 

救助から10か月。それまで辛い経験をしていたサムエルですが、ついに新たな家と家族を見つけ、幸せを手に入れることができました。

これからはきっと穏やかで楽しい、すばらしい生活が続いていくことでしょう。
 

980x (9)
(出典:lovemeow.com)

 
ペット日和のオススメ記事♪

【もふもふ】人気を集めたかわいい動物ツイート

思わず吹き出す!! 食べ物を見た動物達のリアクション 25連発

【三つ子のワンコ】最近SNSで人気になった動物ツイート23選


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

05:07

犬に育てられて、自分を犬だと思っている猫。大好きな子猫に手取り足取り散歩を教える (*´ω`*) 5枚

04:51

豪華すぎる演奏会(笑)!ねこのピアノに一流オーケストラの演奏を併せた結果...

01:39

泣いている赤ちゃんを寝かせた黒ネコ。その方法が優しさに溢れていた(*´∀`*)

画像

【27連発】植木鉢で昼寝する猫のフィット感がヤバい

画像

「まっくろくろすけ出ておいで♪」まんまる瞳の黒猫Gimoちゃんが悶絶級のかわいさ

画像

ネコはどこで寝ても許されるとわかる13の写真

00:47

胸キュンまちがいなし!となりの子猫に顔をうずめながら眠る子猫(≧∇≦)キャー♪

01:55

【癒し】あお向けで手足をピクピクさせてる子猫を、優しく寝かしつける母ネコ

^

^