強制退去を言い渡された男性が、再び愛犬と一緒に暮らす為に取った苦渋の選択とは…?

3.5


記事提供:ペット日和
 

tmg-article_tall
(出典:thedodo.com)
 

こちらの写真にうつっているのは、テキサス州在住のルイスさんと、愛犬の「タイタス」君。
彼らは2013年にシェルターで出会って以来、5年間共に人生・犬生を歩んできました。
 

tmg-article_tall (1)
(出典:thedodo.com)
 

飼い主と飼い犬という関係を超え、まるで親子のように強い絆で結ばれていたルイスさんとタイタス。しかしある日、そんな彼らに悲劇が襲いかかります。
 

突然の強制退去勧告

遡る事4か月前、ルイスさんのもとに賃貸の管理会社から一本の電話が入りました。
その内容とは、「飼い犬を手放さなければ強制退去させる」というもの。
 

tmg-article_tall (2)
(出典:thedodo.com)
 

もちろん、ルイスさんにはタイタスを捨てるという考えはありませんでしたが、新しい家を探すとなればタイタスをどこかに預ける必要がありました。
 

tmg-article_tall (3)
(出典:thedodo.com)
 

しかし、親しい知人や家族のいないルイスさんには、タイタスをシェルターに持ち込むという選択肢しか残されていなかったのです。
 

「タイタスのいない人生なんて考えられない」

「やむ終えない事情があった」と言ってペットをシェルターに捨てていく飼い主は少なくありません。
しかし、ルイスさんはそんな無責任な飼い主とは違い、まだタイタスと一緒に暮らすことを諦めてはいませんでした。

「僕は必ずこの子を迎えに来ます」
シェルターのスタッフにそう約束し、毎日家探しに励んだルイスさん。

その結果、彼はなんとか犬と一緒に住める家を見つけることができ…
 

tmg-article_tall (4)
(出典:thedodo.com)
 

3か月後には最愛のタイタスと再会♪
それまでは寂しそうにしていたタイタスも、この日は尻尾を大きく振ってルイスさんとの再会を喜びました。
 

tmg-article_tall (5)
(出典:thedodo.com)
 

「タイタスと再会できた時は嬉しくて胸がいっぱいになりました。タイタスの面倒をみてくれたシェルターのスタッフには心から感謝しています。」
ルイスさんはこうコメントしています。
 

その後…

記事によると、ルイスさんとタイタスはその後一緒に新しい家へ引っ越し、現在は幸せな日々を送っているそうです。
新しいお家には広々とした庭もあり、タイタスが不自由を感じることはありません。

やむ終えない事情があってペットを施設に持ち込むというケースは少なくありませんが、本当にペットを愛していれば再び一緒に暮らせるよう全力を尽くすものです。
シェルターは今や捨てられたペット達を保護する場所と化していますが、本来はルイスさんのような飼い主をサポートする為にあるべきではないでしょうか。

 
ペット日和のオススメ記事♪

【ぬくぬく】ツイッターで話題のなごむどうぶつ画像

吹き出すこと間違いなし!! 野生を忘れた動物たち 25枚

凍るような寒さの中、きょうだい猫といっしょに見つかった小さな猫


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

01:44

あの『ネコ転送装置』がついに商品化!すでに多くのネコが転送されている模様

00:40

これはおもしろい!相性抜群の2匹の猫で「せっせっせーのよいよいよい♪」(40秒)

01:27

【郵便配達員vsネコ】油断したらケガ!ものすごい勢いで手紙を受け取る猫さん

画像

「キミたち絶対付き合ってるよね」って感じの犬猫たち10選

01:34

しっかり預かりました(=^・^=)小銭を置くと猫の手が持ってくリアルな貯金箱

01:21

【かわいい】ギターをやめると、あからさまにムスッとする犬が世界で話題に!

画像

ご主人様のお食事を見つめる猫ちゃん達。食べたいと目で訴える表情がたまらない♡(画像17枚)

画像

世話してもらったお礼にプレゼントを持って来た野良猫。そんな猫を家に迎え入れると… (7枚)

^

^