口にできた腫瘍のせいで顔が大きく変形してしまった「ケタ」。手術を乗り越え、笑顔を取り戻した姿がこちら。

3.5


記事提供:ペット日和
 

 

後に「ケタ」と名付けられるこちらの猫は、以前ニューヨークの路上にて捕獲され、その後殺処分率の高いアニマル・シェルターで引き取られました。

発見時、ケタは口に野球のボールと同じサイズの腫瘍が出来ており、そのせいで顔が大きく変形していました。
その姿を見て、シェルターの方々はケタの里親が見つかることはないと判断し、殺処分することを決めたといいます。
 

救いの手

 

しかし殺処分の直前、ある人々がシェルターにやって来てケタに優しく手を差し伸べてくれました。
その人々とは、「Unwanted NYC Pets(アンウォンティッド・ニューヨーク・ペッツ)」という高齢の動物や障害を抱える動物を保護する施設に勤める職員です。
 

 

彼らはケタを保護施設へと連れて帰ると、その後ケタのお世話をしながら腫瘍の治療法を探しました。
ケタはいつ死んでもおかしくはない状態でしたが、彼らは決して諦めることなくケタを救う為に全力を尽くしたのです。
 

唯一の治療法

 

数人の獣医師に相談した結果、ケタを救うためには腫瘍を摘出するのが一番の方法であることが分かりました。
しかし、ケタの腫瘍は左目に近い位置にあったため、手術により左目を失うというリスクもあったそうです。

「例え左目を失うことになっても、ケタには長く生きて幸せになってもらいたい。」
保護施設の方々はそう思い、ケタに腫瘍摘出手術を受けさせることにしました。
するとその結果、ケタに奇跡が起こります。
 

笑顔を取り戻したケタ

 

こちらは手術後に撮影されたケタの写真です。
手術の結果、ケタの腫瘍は無事に摘出され、ケタの顔には失っていた笑顔が戻りました。
そして驚くことに、ケタは左目を失うことなく手術を終えたのです。
 

 

手術を乗り越えたケタは、その後驚きのスピードで回復を遂げていきました。
そして、彼女はある時から施設の職員に甘え、感謝の気持ちを体で表現するようになったそうです。
 

今後・・・

ケタは現在も施設で治療を受けながら日々回復を遂げています。
彼女は以前は口を開けることすら出来ませんでしたが、今では自分の力で餌を食べられるようになったそうです。
 

 

そんなケタが次に必要としているもの・・・それは家族と暖かいお家です。
ケタを愛し、幸せにしてくれる素敵な里親が一日でも早く現れることを願わずにはいられません。

 
ペット日和のオススメ記事♪

息ぴったり♡ 姿から仕草までそっくりなワンコの親子たちに癒される♡【20枚】

【キュン死注意】ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

毎日頑張る大人女子を癒すのは…やっぱり動物の赤ちゃんたちでした♡【20枚】


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

休日はワンコをつれて! 今すぐ外に出たくなるアウトドア系ワンコ 画像20選

画像

奇跡としか言えないニャン!猫たちの究極にミラクルな瞬間15選

02:49

【ほのぼの笑える】堕落しすぎたハムの食事風景が、レベルの違うだらしなさ(笑)

07:44

涙がとまらない..。最期の力をふり絞り、大好きなイヌにお別れを言いにきたネコ

03:16

安心できる『家族』ができてしあわせ。保健所からやってきたころころの子犬♪

00:38

子犬の初めてのジャンプが可愛すぎ♡勇気を出す姿に悶絶してください!

00:49

【萌死注意!】よちよち歩きの子ネコがぞろぞろ出てくる魔法の紙袋(*´艸`*)

00:29

保育園に預けられてたワンコが飼い主を見つけると、喜びのあまりこうなるww

^

^