虐待を受けた末に捨てられた子犬が、とある家族に拾われ"笑顔"を取り戻すまで

3.5


記事提供:ペット日和
 

3月上旬、米サウスカロライナ州在住のリズ・ヘザリーさんは、田舎道を車で走行中に痛々しい姿をした1匹の子犬の姿を目撃しました。
 

td-2017_04_article_main_desktop_2x
(出典:thedodo.com)
 

飼い主から虐待を受けていたとみられるその子犬は、発見時は結束バンドのようなもので口を縛られ、息をするのもままならない状態だったそうです。
 

動物病院へ

td-2017_04_article_main_desktop_2x (1)
(出典:thedodo.com)
 

「この子を放っておくわけにはいかない…」
ヘザリーさんは車に同乗していた家族と協力して子犬を捕獲し、近くの動物病院へと急ぎました。
 

td-2017_04_article_main_desktop_2x (2)
(出典:thedodo.com)
 

動物病院での検査の結果、子犬は栄養失調と脱水症状を引き起こしていることが判明したそうですが、幸いにも口内に大きなダメージは見られず、命にも別条は無かったそうです。
 

td-2017_04_article_main_desktop_2x (3)
(出典:thedodo.com)
 

「彼(子犬)は口を縛られてから最低でも2、3日は外をさまよっていた可能性が高いと思われます。口の周りの皮膚は大きなダメージを受けていましたが、そのダメージが口内にまで及んでいなかったのは不幸中の幸いでした。」
獣医師はこうコメントしています。
 

子犬のその後…

td-2017_04_article_main_desktop_2x (4)
(出典:thedodo.com)
 

記事によると、子犬はその後動物病院で治療を受けて順調に回復し、現在はヘザリーさんのお宅でのびのびと暮らしているそうです。
 

td-2017_04_article_main_desktop_2x (5)
(出典:thedodo.com)
 

「ノーマン」という素敵な名前が付けられ、晴れてヘザリーさんの家族の一員となった子犬。
ヘザリーさんは彼が今後不自由のない幸せな暮らしを送れるよう、責任と愛情を持ってお世話をしていくつもりだと話しています。

Norman (@normans_happily_ever_after) • Instagram photos and videos

こちらはノーマンの最新の画像がご覧いただけるInstagramアカウントです。
ヘザリーさんのお宅には「ジャクソン」という名前の先住犬がいますが、写真を見る限り彼もノーマンを家族の一員として受け入れ、たくさん愛情を注いでくれているようです♪

 
ペット日和のオススメ記事♪

安心できるまでは絶対我が子のことを離さない!愛にあふれた母猫

脳障害を抱える子猫に手を差し伸べた女性「障害はこの子が持つ魅力の一つ」

あなたの自慢の肉球見せて下さい! ペットたちの肉球コレクション 25枚


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

00:58

まだよちよち歩きの子犬と子猫のラブラブカップルが可愛すぎる( *´艸`)

00:53

吹いても音が出ない…。楽器にすっぽりハマってくつろぐ猫さんヽ(=´▽`=)ノ

画像

サーカス団で残酷な扱いを受け、体重が平均の4分の1になった虎を保護。その後、奇跡の復活を遂げる。

02:02

ナイスアイデア!ご飯の時間になると、ある物を探すネコ。その理由とは・・・!?

05:06

涙が止まらない…安楽死寸前に救出し、恐怖に怯える犬が飼い主さんに懐くまで

02:22

誕生日プレゼントは『子ネコ』!!喜びを爆発させる女の子にほっこり(*´ェ`*)♪

00:35

おままごとに付き合ってあげるプードルが優しくて超キュート!

01:25

【20秒】横の壁にもたれかかろうとした結果、まさかの失敗・・・(;・∀・)

^

^