子猫サイズで成長が止まった猫。同じ病気の小さな子猫に、惜しみない愛情を注ぎ続ける (6枚)

3.5


記事提供:エウレカ!
 

猫の『ドードー』は、非常に珍しい「甲状腺機能低下症」を持って生まれた猫です。ドードーはこの病気のため、生後13週ほどの大きさで成長が止まってしまいました。
 

tiny_cat012
 

一生治療が必要なドードーのために、ニュージーランドのロワーハットにある保護団体『Kitten Inn』は、自分達の保護施設内にドードーの家を用意しました。

「ドードーはとっても甘えん坊の小さな猫です。話すこととハグすることが大好きで、彼は毎晩、私の腕の中で寝て、鳩のように喉を鳴らします」と保護施設のスーザンさんは言いました。
 

tiny_cat022
 

今月で5歳の誕生日を迎えたドードーはとても愛情深く、困った子猫達を見過ごすことができません。ドードーは施設に子猫達が運ばれて来ると、率先して子守りを始めるのです。
 

tiny_cat032
 

ある日、そんなドードーの元に1匹の子猫がやってきました。子猫の名前は『ウィリアム』。生後16週のウィリアムは、他の子猫よりも明らかに小さな身体をしていました。獣医さんが診察した結果、ウィリアムも「甲状腺機能低下症」を持っていることが分かったのです。

ウィリアムは他の子猫のように高く跳んだり、速く走ったりすることはできませんが、いつも自分にできることを精一杯やっているそうです。
 

tiny_cat042
 

同じ病気を持つドードーとウィリアムは出会ってすぐに結ばれました。ドードーはウィリアムの気持ちが分かっているようで、家族のように愛情を注ぎ始めたのです。
 

tiny_cat052
 

ドードーはいつもウィリアムを抱きしめながら、愛情たっぷりに喉を鳴らします。一方のウィリアムも、ドードーがそばにいてくれることがとても嬉しいようで、いつもドードーと一緒に同じ時間を過ごしているそうです。
 

tiny_cat062
 

保護施設で偶然出会ったふたりは、こうして素敵なパートナーになりました。もしかするとふたりの出会いは、偶然ではなく、運命だったのかもしれませんね。

これからもふたりは優しいスタッフに囲まれながら、お互いに愛情を注ぎ合い、幸せな毎日を送っていくことでしょう。

(出典:facebook.com)

 
エウレカ!のオススメ記事♪

個性的な柄を持つ不思議な三毛猫。左右に分かれた美しい顔に目を奪われる! (8枚)

厳しい寒さの中、身を寄せ合って命をつないだ3兄弟。暖かい家に迎えられると、とても嬉しかったようで… (3枚)

通常の半分の大きさで生まれた子猫。いつも舌をペロッと出していた子猫が3ヶ月経つと… (*´ω`*) 9枚


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

【ローソンにカモ親子侵入】動物たちが巻き起こした珍事件16選

画像

実はこんなにいっぱいあった! 猫さんの大切な仕事15選

00:40

くわえたエサを意地でも離さない子猫。いっちょ前に高速猫パンチも炸裂(40秒)

画像

心臓病で余命6ヶ月と宣告された子猫。1年後の幸せそうな姿に胸が熱くなる… (9枚)

02:21

疲れを取るにゃ!お散歩から帰ってきたネコさん、自分からお風呂に入る( ´∀`)

画像

完全にタタリ神(笑) 車の窓から顔を出す犬たちが正気を失っている11選

01:28

【感動】猫の数だけ愛がある(。>∀<。)人と猫の「絆」動画集

画像

ある日、面白い才能を開花させた猫。飼い主さんがカメラを向けると… ( *´艸`) 8枚

^

^