悪質パピーミルから救助した排泄物まみれの犬からの「ありがとう」に思わず涙

4.0

悪質なパピーミル(子犬工場)から57匹の動物が、保護団体の手によって救出されました。

これはその中の1匹「ダッフィー」のお話です。

160122-0003

ダッフィーは暗くて狭い、物が散乱した部屋の中で横たわっていました。

160122-0004

職員さんが鼻を覆うほど悪臭がただよっています。ネグレクト(育児放棄)が行われていたこのパピーミルでは、十分なご飯を与えられないだけでなく、排泄物の処理もされていませんでした。そのため、ダッフィーは自分の排泄物まみれになっていました。

160122-0005

人間からひどい扱いを受けていたのにも関わらず、職員さんは自分を助けてくれる人間だと分かっているのか、力をふり絞ってシッポを動かすダッフィー。

さらに、「助けて!」と言わんばかりに職員さんに『お手』をしてきました。

160122-0015

歩くことができないほど弱っていましたが、自力でご飯と水を口にしたダッフィー。そして、今まで受けたことのないたくさんの愛情を注いでもらいました。

160122-0008

そんなダッフィーがどうなったのかというと・・・

 

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=hstFDqeGsVE)
 

新鮮でキレイな空気を吸いながら、暖かい太陽の下でお散歩を楽しめるほど元気になったダッフィー。

160122-0010

今まで過ごしてきた狭くて暗くて汚い部屋とは違い、新しい家は走りまわることもできます。

160122-0013

ダッフィーを救出した職員さんも、元気になったダッフィーの姿に、思わず笑みがこぼれます。

160122-0011

そして、ダッフィーから職員さんに『お手』がありました。職員さんはあの時の『お手』を思い出したのか、胸に手をあてて感動した様子です。

160122-0014

もしかしたら、この『お手』は助けてくれた職員さんへの「ありがとう」だったのかもしれません。


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

00:46

半年ぶりの再会!足の不自由なワンコが 飼い主に駆けよる姿に思わず涙!(46秒)

画像

保護施設に入った老猫。訪問者が来る度に「いっしょに暮そう」と手をかざし続けると… (10枚)

00:30

【30秒】ハムスターが穴に入る時の「おしり」が堪らなくカワ(・∀・)イイ (10連発)

画像

30秒でほっこり♪自分よりも大きい犬の体を楽しそうに洗う女の子(*´艸`*)♡

00:51

先住犬の様子をうかがう子猫ちゃん。勇気を出して挨拶してみると…

01:23

生まれたての子イヌとじゃれる子育て中の「ママ猫」の母性に癒される♡

00:30

【お、お誕生日おめでとう…】全く盛り上がらない猫たちの誕生日会www(30秒)

04:19

「あれは誰にゃ!?」10匹の家猫に見つめられる野良の子猫。親の姿が見えなかったため保護すると…

^

^