光を知らない盲目犬、セラピードッグになり障害を持った子に『笑顔』を与える

5.0


 

ゴールデンレトリバーの「スマイリー」は生まれつき目がありませんでした。さらに彼が幼少期に育ったブリーディング施設の環境は劣悪なもので、感染症に苦しみ目を縫い合わせる手術も必要でした。障害を持って生まれた犬は引き取り手が見つかりにくく、「スマイリー」が幸せになることはないだろうと『安楽死』を勧める声もありました。
 
そんな中、現在の飼い主であるジョアンさんは里親になることを決意し、必死な看病を施しました。その結果、症状はよくなり、10歳になった「スマイリー」は公認セラピードッグとなりました。
 

 
生まれつき障害を持っている「スマイリー」は、現在セラピードッグとして、自閉症などの障害を持った子どもに寄り添い、『笑顔』と『光』を与える存在になっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=pAZETI6_OX4)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

00:24

これはズルい!笑いながら部屋に入ってくるインコが最強におもしろい!(24秒)

01:31

【驚き】子猫と仲良くなりたいオウム。「ニャー」と鳴きマネして近づいてみる

01:36

海で溺れたラブラドール。『心肺停止』になるも懸命な救命処置で奇跡が…!

画像

心臓病で余命6ヶ月と宣告された子猫。1年後の幸せそうな姿に胸が熱くなる… (9枚)

01:23

グラグラしながら眠気に耐える子猫ちゃん。隣の飼い主さんに気づくと… 可愛い行動に出た ( *´艸`)♡

画像

狙って撮れるもんじゃない!猫が起こした奇跡「完全一致ニャンコ」11選

00:48

海沿いの道で寂しそうに鳴いていた子猫を保護。6匹の子猫に囲まれて育つと… (6枚)

00:40

【ほのぼの】俺を布団にしていいから、暴れないでもう少し寝かせて!(40秒)

^

^