光を知らない盲目犬、セラピードッグになり障害を持った子に『笑顔』を与える

5.0


 

ゴールデンレトリバーの「スマイリー」は生まれつき目がありませんでした。さらに彼が幼少期に育ったブリーディング施設の環境は劣悪なもので、感染症に苦しみ目を縫い合わせる手術も必要でした。障害を持って生まれた犬は引き取り手が見つかりにくく、「スマイリー」が幸せになることはないだろうと『安楽死』を勧める声もありました。
 
そんな中、現在の飼い主であるジョアンさんは里親になることを決意し、必死な看病を施しました。その結果、症状はよくなり、10歳になった「スマイリー」は公認セラピードッグとなりました。
 

 
生まれつき障害を持っている「スマイリー」は、現在セラピードッグとして、自閉症などの障害を持った子どもに寄り添い、『笑顔』と『光』を与える存在になっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=pAZETI6_OX4)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

01:30

仔猫をギュッと抱きしめ離さない女の子の姿から愛と平和を教えられる。

00:42

「よいしょ」テントを乗り越えられないコーギーのモフモフお尻が可愛い

01:47

【感動】事故で母親を失ったオポッサムの面倒をずっと見ている優しいワンコ。

00:15

【15秒】ワンコに「あなたの親友は?」と聞いてみたら、かわいい返事が…(≧∇≦)

01:08

ねむいけど声を掛けられるとうれしくて反応しちゃう仔犬が可愛すぎる!!

00:13

【癒し】まるで天使のような可愛さ!飼い主さんの手がだいすきな子猫♡(13秒)

画像

ドラキュラ城の近くで黒猫を発見! 旅行中の男性が危ないところを助けてあげると… (6枚)

画像

モフモフさせて〜!ちょっと大変だけど最高にハッピーな子犬との生活12選

^

^