光を知らない盲目犬、セラピードッグになり障害を持った子に『笑顔』を与える

5.0


 

ゴールデンレトリバーの「スマイリー」は生まれつき目がありませんでした。さらに彼が幼少期に育ったブリーディング施設の環境は劣悪なもので、感染症に苦しみ目を縫い合わせる手術も必要でした。障害を持って生まれた犬は引き取り手が見つかりにくく、「スマイリー」が幸せになることはないだろうと『安楽死』を勧める声もありました。
 
そんな中、現在の飼い主であるジョアンさんは里親になることを決意し、必死な看病を施しました。その結果、症状はよくなり、10歳になった「スマイリー」は公認セラピードッグとなりました。
 

 
生まれつき障害を持っている「スマイリー」は、現在セラピードッグとして、自閉症などの障害を持った子どもに寄り添い、『笑顔』と『光』を与える存在になっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=pAZETI6_OX4)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

【無防備】やる気が全くない脱力状態の犬 18選

02:18

目を背けてはいけない!身勝手な理由で家族から捨てられた老犬の悲痛な鳴き声

画像

敵対するはずの狐と猟犬。分かち合えるはずのなかった2匹の友情が社会に訴えかけるもの。

画像

【許せない】ガレージの木箱に1年以上閉じ込められ、痛々しい姿となったブルドッグを保護。

00:37

【予想外】お散歩が終わり家に戻ってきたネコの、驚きの帰宅方法とは?(37秒)

00:48

帰ってこないのんびり猫を家まで運ぶ犬。その運び方がヤバすぎると話題に・・・

画像

そうじゃない!使い方を間違える猫多発中【画像36枚】

01:01

【感動】母が亡くなった孤児のオランウータン。優しく寄りそうフレブルに感謝!!

^

^