光を知らない盲目犬、セラピードッグになり障害を持った子に『笑顔』を与える

5.0


 

ゴールデンレトリバーの「スマイリー」は生まれつき目がありませんでした。さらに彼が幼少期に育ったブリーディング施設の環境は劣悪なもので、感染症に苦しみ目を縫い合わせる手術も必要でした。障害を持って生まれた犬は引き取り手が見つかりにくく、「スマイリー」が幸せになることはないだろうと『安楽死』を勧める声もありました。
 
そんな中、現在の飼い主であるジョアンさんは里親になることを決意し、必死な看病を施しました。その結果、症状はよくなり、10歳になった「スマイリー」は公認セラピードッグとなりました。
 

 
生まれつき障害を持っている「スマイリー」は、現在セラピードッグとして、自閉症などの障害を持った子どもに寄り添い、『笑顔』と『光』を与える存在になっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=pAZETI6_OX4)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

00:52

【仲良し】猫のことが大好きで、ちょっかいを出しまくる 怖いもの知らずのリス

01:56

扇風機で目が回ると思いきや、首が回ってしまうネコ先輩!?

00:59

Gレトリバーの子犬が16匹も…!しっぽをふって『好き好き』アピール炸裂♡!

00:30

【悶絶♡】お腹をなでられて大喜びする生後17日の子犬がかわいすぎる!!

画像

恥ずかしすぎる(笑) 愛犬が滑って笑う飼い主、自分の方が豪快にこける(30秒)

画像

【かわいすぎて母性本能爆発】抱っこされる犬の表情がやたら情けない15選

00:24

ご飯が美味すぎて前のめりになる仔犬。足が浮き始めてそのまま・・・?(24秒)

画像

違和感ゼロ。あまりにも人間界に馴染みすぎた動物たち12選

^

^