光を知らない盲目犬、セラピードッグになり障害を持った子に『笑顔』を与える

5.0


 

ゴールデンレトリバーの「スマイリー」は生まれつき目がありませんでした。さらに彼が幼少期に育ったブリーディング施設の環境は劣悪なもので、感染症に苦しみ目を縫い合わせる手術も必要でした。障害を持って生まれた犬は引き取り手が見つかりにくく、「スマイリー」が幸せになることはないだろうと『安楽死』を勧める声もありました。
 
そんな中、現在の飼い主であるジョアンさんは里親になることを決意し、必死な看病を施しました。その結果、症状はよくなり、10歳になった「スマイリー」は公認セラピードッグとなりました。
 

 
生まれつき障害を持っている「スマイリー」は、現在セラピードッグとして、自閉症などの障害を持った子どもに寄り添い、『笑顔』と『光』を与える存在になっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=pAZETI6_OX4)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

00:16

【16秒】オエッ、マジでくせぇ〜〜〜。チーズのニオイを嗅いだ猫の反応が・・・。

01:32

嫌いな人に抱っこされた時だけリアルな死んだフリでやり過ごす子犬がすごい!

02:58

帰ると「おかえり♡」と言ってくれる、しゃべる猫しおちゃんの「おむかえ」集

00:55

ある番組のオープニングソングが大好きでノリノリなオカメインコ(*´艸`*)♡

01:27

ネコが怖くて階段を降りられないイヌに強力な助っ人×2が登場!!

01:04

気分はすっかりママ♪赤ちゃんにピッタリ寄り添うシェパード(*´▽`*)♡

00:54

【風になる】すごい顔になりながらも、風を感じることに快感を覚えた犬が必死

02:28

【吾輩に入れない箱はない】どうすれば入れるのか…試行錯誤するぽっちゃり猫

^

^