光を知らない盲目犬、セラピードッグになり障害を持った子に『笑顔』を与える

5.0


 

ゴールデンレトリバーの「スマイリー」は生まれつき目がありませんでした。さらに彼が幼少期に育ったブリーディング施設の環境は劣悪なもので、感染症に苦しみ目を縫い合わせる手術も必要でした。障害を持って生まれた犬は引き取り手が見つかりにくく、「スマイリー」が幸せになることはないだろうと『安楽死』を勧める声もありました。
 
そんな中、現在の飼い主であるジョアンさんは里親になることを決意し、必死な看病を施しました。その結果、症状はよくなり、10歳になった「スマイリー」は公認セラピードッグとなりました。
 

 
生まれつき障害を持っている「スマイリー」は、現在セラピードッグとして、自閉症などの障害を持った子どもに寄り添い、『笑顔』と『光』を与える存在になっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=pAZETI6_OX4)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

01:31

【驚き】子猫と仲良くなりたいオウム。「ニャー」と鳴きマネして近づいてみる

00:26

これはありがたい!外から入ってくる時に自分で足の裏をキレイにするワンコ。

00:35

【海外で話題】出会うはずのない2種類の動物が偶然出くわしたらどうなる!?

画像

大好きだった家族を失った16歳の老猫。新しい里親さんについに見せた姿に心が温まる (5枚)

00:50

疲れている相棒が元気になるようにぎゅーっとハグをするニャンコ(*‘ω‘ *)

00:35

子猫を拾ったが大型犬がいて飼えないので一晩だけ。のつもりが、翌日になると..

00:20

「プゥ〜」自分のオナラの音に困惑。しかも連続でオナラが出てくる・・・(20秒)

画像

「あ、自分でできるんで・・・」 完全に自立してるワンコ13選

^

^