光を知らない盲目犬、セラピードッグになり障害を持った子に『笑顔』を与える

5.0


 

ゴールデンレトリバーの「スマイリー」は生まれつき目がありませんでした。さらに彼が幼少期に育ったブリーディング施設の環境は劣悪なもので、感染症に苦しみ目を縫い合わせる手術も必要でした。障害を持って生まれた犬は引き取り手が見つかりにくく、「スマイリー」が幸せになることはないだろうと『安楽死』を勧める声もありました。
 
そんな中、現在の飼い主であるジョアンさんは里親になることを決意し、必死な看病を施しました。その結果、症状はよくなり、10歳になった「スマイリー」は公認セラピードッグとなりました。
 

 
生まれつき障害を持っている「スマイリー」は、現在セラピードッグとして、自閉症などの障害を持った子どもに寄り添い、『笑顔』と『光』を与える存在になっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=pAZETI6_OX4)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

00:45

がんばって階段をのぼる子猫。それを見ていた大型犬が取った優しい行動とは?

画像

完全にタタリ神(笑) 車の窓から顔を出す犬たちが正気を失っている11選

画像

粘り勝ち!?何度追い出されても戻ってきた猫がお店の非公認看板猫に大抜擢!

画像

ダンボール箱の中から見つかった子猫。保護経験のない男性が子猫を育て始めると… (4枚)

画像

ただの餅じゃねぇか!見てはいけない「溶けたハムスター」12選

画像

動物病院の裏で見つかったオッドアイの親子。いっしょの施設に保護されると幸せいっぱいに! (5枚)

00:23

【23秒】玄関を開けたら0秒で猫ちゃんのお出迎え(*´ω`*)予想を裏切る展開に萌♡

画像

幼くして保護された2匹の子猫。保護先で出会った猫に温かい愛を教わる (14枚)

^

^