光を知らない盲目犬、セラピードッグになり障害を持った子に『笑顔』を与える

5.0


 

ゴールデンレトリバーの「スマイリー」は生まれつき目がありませんでした。さらに彼が幼少期に育ったブリーディング施設の環境は劣悪なもので、感染症に苦しみ目を縫い合わせる手術も必要でした。障害を持って生まれた犬は引き取り手が見つかりにくく、「スマイリー」が幸せになることはないだろうと『安楽死』を勧める声もありました。
 
そんな中、現在の飼い主であるジョアンさんは里親になることを決意し、必死な看病を施しました。その結果、症状はよくなり、10歳になった「スマイリー」は公認セラピードッグとなりました。
 

 
生まれつき障害を持っている「スマイリー」は、現在セラピードッグとして、自閉症などの障害を持った子どもに寄り添い、『笑顔』と『光』を与える存在になっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=pAZETI6_OX4)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

01:21

ヤサイを豪快に丸かじりする猫さんが、惚れてしまうくらいワイルド…(;・∀・)

01:13

赤ちゃんに歩き方を教えるネコ!?ほっこり癒される動画です(*´∀`*)

01:39

【ふたりは小さい頃からずっと一緒。】成長しても変わらない友情に感動。

00:38

子犬の初めてのジャンプが可愛すぎ♡勇気を出す姿に悶絶してください!

00:19

すやすやzzz…2匹のフェレットを寝かしつけるママ猫に心温まる♪

00:53

吹いても音が出ない…。楽器にすっぽりハマってくつろぐ猫さんヽ(=´▽`=)ノ

画像

結婚式の途中でへその緒がついた子猫を保護。急いで連れ帰ると素敵なお返しをしてくれた (9枚)

00:33

かわいさ爆発!!ドア付近でアラスカンマラミュートの子犬がもふもふ渋滞(笑)

^

^