光を知らない盲目犬、セラピードッグになり障害を持った子に『笑顔』を与える

5.0


 

ゴールデンレトリバーの「スマイリー」は生まれつき目がありませんでした。さらに彼が幼少期に育ったブリーディング施設の環境は劣悪なもので、感染症に苦しみ目を縫い合わせる手術も必要でした。障害を持って生まれた犬は引き取り手が見つかりにくく、「スマイリー」が幸せになることはないだろうと『安楽死』を勧める声もありました。
 
そんな中、現在の飼い主であるジョアンさんは里親になることを決意し、必死な看病を施しました。その結果、症状はよくなり、10歳になった「スマイリー」は公認セラピードッグとなりました。
 

 
生まれつき障害を持っている「スマイリー」は、現在セラピードッグとして、自閉症などの障害を持った子どもに寄り添い、『笑顔』と『光』を与える存在になっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=pAZETI6_OX4)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

「あ、自分でできるんで・・・」 完全に自立してるワンコ13選

00:49

さすがワンコ!!飼い主さんに飛び掛かるトラを本気で怒って倒そうとする(゚ロ゚;

00:50

【お母さんは大変】おかあしゃ〜ん、階段のぼれないよぉ! (つ´Д`)ノ助けて…

00:15

【奇跡】赤ちゃんに子犬が寄り添った瞬間に最高の『幸せ』が撮れました(15秒)

01:10

こっちおいで!子猫ちゃんと遊びたくてお願いポーズする柴犬が可愛すぎる♡

画像

ゴールデンのカップルは猫が大好きっ♪♫ 幸せそうな3匹が微笑ましい♡♡♡

01:12

一緒に寝ている少女の息の根を、何度も何度も止めにかかる猫(;・∀・)

画像

パスワードを3回間違えると写真を撮影するパソコン。そこに写っていたのは、可愛い犯人の姿でした♪ (3枚)

^

^