光を知らない盲目犬、セラピードッグになり障害を持った子に『笑顔』を与える

5.0


 

ゴールデンレトリバーの「スマイリー」は生まれつき目がありませんでした。さらに彼が幼少期に育ったブリーディング施設の環境は劣悪なもので、感染症に苦しみ目を縫い合わせる手術も必要でした。障害を持って生まれた犬は引き取り手が見つかりにくく、「スマイリー」が幸せになることはないだろうと『安楽死』を勧める声もありました。
 
そんな中、現在の飼い主であるジョアンさんは里親になることを決意し、必死な看病を施しました。その結果、症状はよくなり、10歳になった「スマイリー」は公認セラピードッグとなりました。
 

 
生まれつき障害を持っている「スマイリー」は、現在セラピードッグとして、自閉症などの障害を持った子どもに寄り添い、『笑顔』と『光』を与える存在になっています。


(出典:https://www.youtube.com/watch?v=pAZETI6_OX4)


この記事が気に入ったら
いいねを押してね

人気の動画

画像

長年連れ添った愛猫とお別れした男性。保護施設を訪ねると、愛猫そっくりの子猫が現れて… (9枚)

00:54

【萌え♡】小さな段差に苦戦するポメラニアンの子犬がカワイすぎる(*´ω`*)

00:06

【6秒】上手く隠れたはずなのに…なぜかソッコーで見つかる猫【頭かくしてシッポ隠さず】

01:44

「ねぇねぇ起きてよ〜♪」小鳥のつつきで無理やり起こされる猫・・・

画像

2日間も岩の隙間に挟まっていた子猫。無事に救出されると幸せそうな表情に! (7枚)

02:19

【世界中で人気】箱入りネコのまる、今度は『カメ』になる( *´艸`)!?

画像

同情したいけど笑っちゃう(≧∇≦)猫にされるがままの犬11選☆★

01:42

屋外なのに大胆に抱きついたりキスしたり、ラブラブな犬猫カップルが話題に!

^

^